2011年9月25日

ミニヘッドライン 2011/09/25

日曜日の記事を簡単に。

まえがき:なぜかここ2~3日ブラウザが絶不調で、昨日の時点で投稿できず、多数の記事が下書きのまま飛んでしまいました(悲)。記憶にある範囲で復旧しましたが、ちょっと読みにくいかもしれません。そのあたりは御了承を。

マリファナの法律の見直しを提言するドン・ブラッシュ氏

An estimated 400,000 New Zealanders regularly used cannabis and harmed no one except, arguably, themselves, which was their prerogative in a free society, he said. "The police and the courts spend some $100 million of taxpayer money a year enforcing this prohibition of a drug believed by many people to be less dangerous than tobacco or alcohol. Is there really any point to this?" Brash said. "I'm not saying it's now ACT policy to decriminalise or legalise marijuana. I'm simply saying it's my personal view that we should give the idea serious consideration as there are some strong arguments in its favour - arguments supported by some seriously sober and responsible national and international leaders," he said.

要約すると、ニュージーランド国内で推定40万人もの人々が、(喫煙習慣がある人々から)たばこやアルコールよりも安全だと考えられているマリファナを吸っており、これを薬物法の下に取り締まるために毎年税金が$100ミリオンも使われている。私はアクト党がこのマリファナを合法化するべきだといっているわけではない。あくまで、わたし個人の意見の中で、この税金の無駄遣いに対し、責任ある国内や海外のリーダーたちが均衡のとれた、他の考え方を導入するべきだ、と彼は主張しています。他のメディアでは、彼の主張をマリファナ合法化と短絡的に結びつけて悪意を持って報道されていますが、彼の観点は明らかにそれとは一線を画しており、税金の使用用途としてこのマリファナを違法として取り締まることのほうが、政府の財政上好ましくないことを指摘しています。以前このブログでも書きましたが、マリファナで逮捕される人々が相当数に達したとき、政府は単純に罰金の額を上げて対応しようとしたところ、その罰金さえも払える人々が圧倒的に少なく(または払わない人々が多数)、そのほとんどが法廷に持ち込まれ、政府が用意する法務費用が膨大になり、結果、罰金額を下げた事実があります(所持程度だと数百ドルの罰金)。なので、取締りにかかる費用を相殺するために罰金の額を上げたり、検挙数を上げても、結果的に政府が支払うコストがそれよりも上回ってしまうという、ニュージーランド社会独特のジレンマが存在します。で、本題に戻ると、政府がマリファナを取り締まる他の方法として考えられるのは、現行の売春法のようにマリファナを合法化して税金を徴収する方法くらいしか方法がないこと、しかしながら彼はマリファナを合法化しようとは考えていないと話していることから、彼が具体的に何を考えているのか不明瞭な点が多く、彼の過激な発言が一人歩きしている感が否めません。一般論として、最近多発する麻薬シンジケートの摘発から、将来的にはニュージーランドで薬物が蔓延することは考えにくいので、彼の発言にあるような、(世界的な潮流から逆行することになる)薬物の合法化にはならないように思います。選挙前までの彼の発言をみていくと、彼が何を考えているのか読み取れるかもしれません。



ジョナ・ロムーが持病の腎臓悪化で入院

The All Blacks have wished super star Jonah Lomu well on news he is in Auckland Hospital. Auckland District Health Board says Lomu is in a stable condition in Auckland Hospital's kidney ward but have given no other details.

オールブラックスの伝説のひとり、ジョナ・ロムーが持病の腎臓を悪化させ、オークランドの病院へ搬送されたようです。箝口令が敷かれているせいか、詳細はまったく不明ですが、容態は安定しているようです。



38匹の死んだ猫を冷凍保存していたオークランドの男性

It claimed SPCA inspectors were almost suffocated by a strong smell of ammonia, food and faeces from 19 cats which were running freely around the lounge and bedroom. Another 17 were locked in cages with litter trays "overflowing" and another 23 were discovered in a fly-infested unit downstairs. In a disturbing discovery, police found 38 dead cats wrapped in blood-stained newspaper and fabric bags next to food inside two fridges and freezers.

SPCAがステップインしたとき、住居の中は強いアンモニア臭が漂い、19匹の猫が自由にベッドルームやラウンジを行き来し、17匹はケージの中で、23匹はハエが集っている階下に放置されていたようです。さらに、冷蔵庫と冷凍庫に、死亡した38匹の猫が、血痕のついた新聞紙で包まれ保存していたようです。あまり気持ちのいい内容ではないので、詳細は記事元で。


主要なマーケットになりつつあるオンラインショップ

Just over half of people (54%) told Visa's surveyors they liked there being no queues in cyberspace. Trade Me remains the most popular store, favoured by 70% of online shoppers. Amazon was favorite with only 19%. Three-quarters of people felt all shops should provide online sales. The most popular online purchases are entertainment and recreational items (19%), clothes, shoes and accessories (16%), travel and holidays (13%), household items (11%) and electronics (10%). The internet has also become the home of "want" items, with 79% saying it was where they bought the things they wanted, but did not need.

VISAがオンラインショッピングの消費者を調査したところ、54%の人々がオンラインショッピングは並ぶ必要がないので気に入っていると答えており、ニュージーランドで最も多いオンラインショップはトレードミーで、約70%が利用しており、アマゾンでは19%しかないようです。オンラインで購入されている最も割合の多いものは、娯楽アイテム(19%)、服、靴、アクセサリー(16%)、旅行(13%)、家事で使うもの(11%)、そして電器製品(10%)となっています。また、人々は最も安い価格を調べるためにインターネットを使い、その情報をもとに店舗などで買い物をする傾向が増えているようです。


コーラが$5で販売されているRWCのファンゾーン

Thirsty punters are suffering hefty soft drinks costs at Rugby World Cup Fan Zones around the country, because a set price of $5 a bottle has been forced on vendors. It's expensive, even by Auckland standards.

デイリーで通常$3.50で販売している660mlのコーラが、ラグビーワールドカップファンゾーンでは$5で販売されているようです。ぼったくりです。



まったく問題なかった公共輸送機関

Following the embarrassment of the opening night of the tournament, which stranded many people for hours, thousands of rugby fans again put their faith in the city's train system ahead of last night's test against France at Eden Park. A total of 25,910 travelled to the match on public transport, 15,210 by bus and 10,700 by train. The numbers were well down from opening night disaster when about 30,000 tried to travel to the ground by train.

オールブラックス対フランスの試合があった日、公共機関でイーデンパークに足を運んだ人々は25,910人で、うち15,210人がバスで、10,700人が列車を使ったようです(問題が起きた開会式当日に移動していた人々は約30,000人で、このほとんどが列車を使っていたそうです)。現在用意されている公共輸送システムでは、開会式当日に起きたような問題は起きないと考えられています。


パレスチナを支持するフィル・ゴフ氏

Labour leader and former Foreign Minister Phil Goff says New Zealand should support a vote on Palestinian statehood at the United Nations - though any vote may now be some time away. Mr Goff said there was an increasing sympathy for the Palestinian people and that a fair solution had to be found. "I've been in the West Bank. I've seen the humiliation of the people there and the poverty they they live under and it's wrong. The best security for Israel would be to have a Palestinian state that had a thriving economy that could provide work and hope for its people."

前外務省大臣、労働党党首フィル・ゴフ氏が国連においてパレスチナを支持するべきだと呼びかけています。現マッカリー外務大臣は解決策が見出されるまで、パレスチナを支持するかどうか、ニュージーランドの立場を明確にすることを避けています。ゴフ氏は、今回のパレスチナ問題においてニュージーランドがどのような立場を示すことができるか、国民党に向けたテストケースになると彼は述べています。


学生に負けてしまったキー首相のボディガード

Prime Minister John Key's best arm-wrestling bodyguard has been humbled in battle by a Canterbury University engineering student. The impromptu clash took place on campus today after Key was the guest of honour at the university's inaugural Community Engagement Awards. With Diplomatic Protection Squad officer Blue Young set at the specially-equipped table to wrestle Eddy "Mad Dog" van Oosten , Key checks out van Oosten's biceps before the clash gets under way. After 15 seconds, van Oosten emerges victorious.

カンタベリー大学のエンジニアリングの4年生がジョン・キー首相のボディガードに腕相撲を挑み、見事勝利しています。


動画はこちらから。


ゲイの学生を助けるかもしれないオールブラックス

He said he did an exercise with youth groups asking them to name role models and they came up with pop culture figures such as Ellen DeGeneres, which indicated a misleading idea of where gay people fitted in society. "They don't get the sense that actually, you could be an All Black and be gay. There's no very masculine role model available. It needs someone to take the plunge and demonstrate that actually, it's not too bad."

ゲイだとカミングアウトできない学生を助けるには、オールブラックスのような、男らしい人々がゲイであるとカミングアウトすることが、彼らを助ける契機になるのではないか、と提言しています。良い例として、ウェールズとライノンズのキャプテンを務めていたギャレス・トーマスが紹介されています。



セレピソス氏のフェラーリが$204,500で売却

A rare "sharknose" Ferrari owned by embattled businessman Terry Serepisos was snapped up at auction yesterday for $204,500. It's the latest asset lost by the fashion-conscious businessman, who faces a bankruptcy hearing tomorrow. Turners boasted that the supercar was "the best Ferrari ever made". It is capable of reaching 315km/h. The phone bidder fled when approached by the Herald on Sunday, just as the Ferrari was also spirited away.

ペンローズのターナーズオークションでセレピソス氏が所有していた、歴史上最も優れたフェラーリ、F430 F1が$204,500で売却されました。走行距離は2600kmだったようです。



時限爆弾になりつつあるニュージーランドの水質

A new OECD report will rate New Zealand's water quality as relatively good but one of the authors is warning that while standards in other countries are improving, the opposite is happening here. OECD economist Kevin Parris has also warned that agricultural expansion has left New Zealand facing a "time bomb" on water quality, which means the problems could worsen before they improve.

OECDのエコノミストが、OECD諸国ではその多くの国々で水質の改善が見られるなか、ニュージーランドにおいて、拡大する酪農が原因とされる水質悪化が深刻になりつつあると指摘しています。


1000件を超える警察への苦情申し立て

There are 26 pursuits of fleeing drivers - in which someone was killed or injured - under scrutiny, while just one complaint of baton force is recorded, two of Taser shock, three concerning pepper spray and 11 dogbite injury allegations. There are 16 allegations of sexual misconduct (12 in the workplace), 28 of disgraceful behaviour (12 while off duty), seven investigations of drug or alcohol abuse and nine of drink-driving. Alleged breaches of conduct include dishonesty (33), corruption (21) and conflict of interest (4).

一部を抜粋すると、逃走する容疑者を追跡したことにより死亡させたり怪我をさせたのが26件、警棒の使用で1件、テーザー銃使用で2件、ペッパースプレーの使用で3件、警察犬が噛んだことによる怪我が11件。性的な違法行為が16件(うち12件が職場)、28件の不名誉な振る舞い(うち12件が勤務時間外)、7件が薬物またはアルコールによるもの、7件が飲酒運転。不正行為が33件、汚職が21件、そして利害の対立が4件。一般的に警察を告発するのが面倒だと考える人々は多いので、記録に残されていない苦情が他にもたくさんあると思います。もし警察を呼んでもちゃんと対応してくれなかったり、非常識な振る舞いをしたときは、IPCAへ通報を。


ニュージーランド国外への頭脳流出は約3割

The extent of New Zealand's brain-drain has been revealed in a new study which shows only around two-thirds of doctoral graduates are employed in this country in the years immediately following their graduation. The study, done by the Ministry of Education, tracked PhD students who graduated in 2003 to see how many were employed in New Zealand during their first four years in the labour market. It found that four years after graduating, only 65% were employed in jobs here. An estimated 26% were overseas. Young doctoral graduates – those under 30 – were the most likely (57%) to be absent from the New Zealand labour market. In comparison, 72% of those who graduated with a master's degree and 75% of those who graduated with a bachelor's degree were employed in jobs within New Zealand four years after graduating.

2003年にニュージーランドの大学で博士号を取得した卒業生が4年後にどこで仕事を見つけているかを調査したところ、65%がニュージーランド国内で、26%が海外で仕事を見つけているようです。博士号を持つ30歳以下では、57%が労働市場にいないようです。修士課程の72%、うち75%のバチェラーデグリーを取得した卒業生はニュージーランド国内で仕事を見つけているようです。


暴露されるAMIの規定違反

AMI CEO John Balmforth is one of the highest paid executives in the country, earning a salary that would rank him in the top 20 among listed company CEOs. The troubled insurer, which was bailed out by the government after Christchurch's February earthquake, paid Balmforth a salary of $869,369 in 2011 plus a bonus for the 2010 year of $122,700, according to its 2011 financial statements. The statements released last week are much more extensive than those released in previous years. They also show the company is in breach of both the Reserve Bank's draft solvency standards for insurance companies and the solvency standard in the Crown Support Deed which provides $500m of back-up capital.

カンタベリー震災で支払いがショートしたAMIを政府が支援していますが、いくつかの規定違反が見つかっているようです。特筆されているのは、AMIのボス、バルフォース氏へ$869,369の給料と2010年分のボーナス$122,700が支払われていたことが暴露されています。この報酬は上場企業の中でもトップ20に入るほどの額のようです。他にも、損害保険会社としての支払い能力基準、その他の規定において違反がみられるようです。


地球のどこにNASAの6トンの人工衛星が落下したのか?

It's as big as a bus and weighs 6 tons, but officials probably will never be able to pinpoint exactly where a massive Nasa satellite plummeted to Earth. Nasa space junk scientists believe that all or nearly all of the parts of their 20-year-old dead satellite safely plunged into the Pacific Ocean, likely missing land. But if their estimates are off, by only five minutes or so, fiery pieces could have fallen on parts of northwestern North America.

ニュースではカナダ沖(またはカリフォルニア沖)の太平洋のどこかに落下したのではないかと報じていました。結局、落下地点と落下時刻の予測はNASAでさえも特定できなかったことになります。太陽系で人工衛星を加速させるために実施しているスイングバイ航法など、宇宙空間の軌道計算は可能なのに、大気圏での燃えながら自然落下する物体の軌道計算がなぜできなかったのか、少々疑問です。


消費者がいかにしてだまされているか

Kellogg's, this year reduced the size of 38 brands by two servings a box - including Sultana Bran, Nutri-Grain and Rice Bubbles. In 2009, Cadbury reduced the size of a 250-gram block of Dairy Milk chocolate by 50 grams - a 20 per cent reduction. Likewise, a re-jazzing of Pantene shampoo packaging had the size of bottles shrink by 50 millilitres. Sometimes the firm gets caught out, as Foster's found when it tried to reduce the size of Cascade beer stubbies from 375 millilitres to 330ml "European-style" bottles - while keeping the good old Australian price.

気づいている方は気づいている話で、内容量を少なくして値段が据え置かれた商品が最近増えていることが指摘されています。ケロッグの38種類にわたる商品では2食分減らされ、キャドバリーのチョコレートは250gから200gへ、パンテーンのシャンプーは50mlも少なくなり、フォスターのビールは375mlからヨーロッパスタイルの330mlの小さなボトルに変えられています。スーパーマーケットの中で作られている自家製のパンも、もっちり、しっとり感のあるパンがなくなり、やたらかさが大きくふわふわしているものが最近増えています。世の中がどんどんセコくなっているような気がします。



.

0 件のコメント:

コメントを投稿