2011年9月13日

4人に1人の子供が飲酒で死亡

飲酒だけではなく、飲酒運転なども含まれています。

Alcohol contributed to the deaths of one in four children and young people who died between 2005 and 2007, a new report has found.

2005年から2007年の間で、4人に1人の児童と若い人々の死亡においてアルコールが起因していることを新しいリポートが報じている。

Of 357 deaths reviewed by the Child and Youth Mortality Review Committee, alcohol contributed to or was the cause of death in 87 cases.

チャイルドアンドユースモータリティリヴィューコミッティー(児童と若年死亡数再調査委員会)によって357人の死者が調査されたところ、アルコールが起因した、または原因とする死亡が87件あった。

The report recommended limiting the availability of alcohol, making drinking less attractive, community-imposed liquor bans, as well as increasing health promotion and host responsibility messages.

リポートはアルコールの入手において制限をかけ、、健康を促進させ、飲酒をさせる人々の責任のメッセージを強調すると同様に、飲酒にそれほど魅力がないことを訴え、地元の人々は酒類販売禁止を課すことなどを推奨している。

Committee chair Nick Baker said the special report showed a dramatic increase in alcohol-related deaths from age 15, with all but two of the deaths occurring between ages 15 and 24.

コミッティーの代表、ニック・ベイカーは、特別なリポートは15歳からのアルコール関連の死亡が劇的に増えており、すべて、または死者の2体に1体は15歳から24歳に起きていることを示している。

"Too many young people are victims of their own drinking or victims of the drinking of others," he said.

たくさんの若い人々が自身の飲酒の被害者、または他の人々の飲酒の被害者だ、彼は述べた。

"For instance, we see deaths and injuries sustained by teenagers who drive while drunk, get into cars driven by other people who are drunk, or suffer fatal assault while under the influence themselves or where the assailant has been drinking."

たとえば、酔っ払ったまま車の運転をしているティーンエイジャーによって起きる死亡事故と怪我、酔っ払った他の人々の運転によって他の車両に突っ込んでいる、または、彼ら自身が酔っ払っている間に致命的な暴行を受けた、または、加害者が飲酒していたケースなどが挙げられる。

Car crashes involving drink-driving killed 49 young people, either as passengers, drivers, or pedestrians.

飲酒運転による死亡事故は49人の若い人々を殺しており、彼らは助手席、運転席、または歩行者だった。

Binge drinking was also a major problem. Seven people died from alcohol poisoning alone.

飲み騒ぎの飲酒も主要な問題だった。7人の人々がアルコール中毒(または急性アルコール中毒)だけで死亡している。

In nearly two-thirds of cases, the alcohol had been consumed by the young person who died.

すべてのケースの3分の2近いケースは、なくなった若い人々によって消費されている。

Females and younger males were more likely to die as a result of someone else's drinking.

女性と若い男性は、(自身の飲酒ではなく)誰かの飲酒の結果で死ぬケースが多くみられる。

Baker said the report highlighted the need to "put as much separation as possible between the processes of young people learning how to drink alcohol responsibly and learning how to drive safely".

ベイカーは、若い人々が、責任をもってアルコールを飲むことを学ぶことと、安全運転を学ぶことの過程の間に、可能な限り区別される必要があることを強調していると述べた。

The committee supported the recent introduction of a zero blood-alcohol limit for teen drivers.

コミッティーは、車を運転するティーンエイジャーにおいて、血中濃度がゼロとする最近施行された法律を支持している。

The independent committee operates under the umbrella of the government's Health Quality and Safety Commission.

この独立したコミッティーは政府のヘルスクオリティアンドセイフティコミッションの傘下で運営されている。


学校のパーティで飲みすぎて自分に火をつけたり、酔っ払ったまま夜中を徘徊し犯罪に巻き込まれたり、飲みすぎて疲れてベッドで休んで朝になったら死んでいた、など、毎週のように報じられていましたが、それでも10代の飲酒をいまだに認めていることに疑問を持たざるをえません。毎年事故が増えているのであれば、飲酒年齢を大きく引き上げるのも妥当な方策だと思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/health/5579955/Alcohol-contributes-to-quarter-of-child-deaths-report

0 件のコメント:

コメントを投稿