2011年9月2日

巨乳が増えるニュージーランドの女性

似たような話を他の国の記事でもみたことがあるので、もしかすると世界的な傾向かもしれません。いたってまじめな記事なので、アップしてみました。


New Zealand women's breasts have been getting bigger over the last decade, with the most popular cup size moving up two notches.

ニュージーランドの女性の胸は過去10年で大きくなっており、最もポピュラーなカップサイズが2つほど上がっている。

The news might not come as a surprise to some men, who have been copping a bigger eyeful in recent years.

このニュースは、ここ数年、人目を引く大きな胸を盗み見ている男性たちを驚かせないかもしれない。

Bendon spokeswoman Rachael Parkin said the average bust size had been steadily increasing in the last decade, particularly with younger women.

ベンドンスポークスマン、レイチェル・パーキンは、過去10年間、胸の平均サイズは、特に若い女性においてずっと増加している、と述べた。

"D cups and larger now account for nearly half of all the Bendon bras sold in New Zealand," she said.

ニュージーランドで販売されたベンドンブラの半分近くはDカップかそれよりも大きいサイズだった、彼女は述べた。

Bendon's Newmarket store in Auckland had seen their most popular size go from a 10C up to 12D/DD size in the last two years.

オークランドのベンドンニューマーケット店は過去2年間、最もポピュラーなサイズは10Cから12D/DDサイズだった。

"We are also seeing young girls are coming into our stores with larger busts much more often now."

私たちの店舗へ大きな胸をもつ若い女性たちを最近頻繁に見かけるようになっている。

For Triumph, the average bra size moved from a 12B in 2001 to between a 14C and 14D.

トリンプだと、平均のブラのサイズは2001年に12Bだったが、現在は14Cから14Dの間が平均になっている。

National sales manager Anita Clelland said the demand for larger bra sizes was probably recognised 10 to 15 years ago, particularly in the younger market.

ナショナルセールスマネージャー、アニータ・クレランドは、大きなサイズのブラは特に若い世代の市場において、およそ10年から15年くらいから認識されていたと述べた。

Massey University Associate Professor in Human Nutrition Jane Coad said there was no significant research behind the phenomenon, but suspected it could be caused by many factors.

マッシー大学人間栄養学のアソシエイトプロフェッサー、ジェーン・コードは、その現象の裏に重要な調査はされていないが、たくさんの要因によってそれが起きているかもしれない、と述べた。

"One is that everyone is getting bigger," she said. "Women get bigger breasts because fat is deposited in the breasts, sides and bottom."

ひとつは人々は大きくなっている、彼女は述べた。女性の胸は大きくなっている、なぜなら胸、脇や最下部に脂肪が蓄積されているから。

People have been growing in size, with the World Health Organisation describing obesity as an epidemic.

人々は大きさの点で成長しており、世界保健機構は肥満は流行していると状況を説明している。

Obesity rates in New Zealand have been on the rise, going from 9 per cent of men and 11 per cent of women in 1977 to 20 and 22 per cent respectively in 2003.

ニュージーランドにおいて肥満率は増加の傾向にあり、1977年に男性は9%、女性は11%だったのが、2003年には男性が20%、女性が22%へ増えている。

The most recent Health Ministry figures showed one in three adults was overweight, and one in four was obese.

最も新しい保健省のデータは、3人に1人は過体重で、4人に1人は肥満にあることを示している。

Coad said there were also estrogen compounds in the environment from packaging, chemicals and preservatives in foods.

コードは、パッケージや化学製品、食品の中の防腐剤から、環境の中にエストロゲン混合物もあると述べた。

The female hormone controls female physiology, affecting breast growth and metabolism.

女性ホルモンは女性の機能をコントロールし、胸の成長と新陳代謝に影響を与えている。

Coad said American studies had found estrogen in contaminated water had feminised fish, but there was no direct evidence between hormone in water and breast size.

コードはアメリカの調査が汚染された水の中のエストロゲンにより雌性化させた魚を発見しているが、そこには水の中のホルモンと胸のサイズとの間にある直接的な証拠はなかった。

"We know that there are definitely estrogen compounds in the water that are biologically active.

私たちはほぼ間違いなく水の中に生物学的に活性化するエストロゲン混合物があることを知っている。

"What we don't know is how much gets into the human food supply and, if it does, what effects it has."

それが人間の食物としてどのくらい供給されているのか、もし供給されているなら、どのように効果があるのか私たちは知らない。

She said another explanation for bigger breasts could be a better-nourished generation hitting early puberty.

彼女は大きな胸のもうひとつの説明は、成育環境が整った世代が早い思春期に影響を与えているのかも知れない、と述べた。

"They have a higher plane of nutrition in childhood, and girls respond to this by having early puberty."

彼らは幼い頃に高い水準の栄養を摂っており、少女たちは早い思春期によってこれに反応している。

Coad said there wasn't enough research on the subject, as big breasts had no severe health risk.

コードは、大きな胸が深刻な健康被害を引き起こしているという課題において、十分な調査はないと述べた。

"People for whom body shape is important or who put a lot of stress on their back by being on their feet all the time might have to change careers.

体型を重要と考える人々、または立っているときに背中にたくさんのストレスを感じる人々はキャリアを変える必要があるかもしれない。

"But it's not having a big enough impact to justify funding research," she said.

しかしそれは調査へ資金提供を正当化するための十分な衝撃までには至っていない、彼女は述べた。


そのほとんどは、肥満がもたらした副産物で間違いないと思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/5544088/Cup-runneth-over-for-Kiwi-women

0 件のコメント:

コメントを投稿