2011年9月4日

南極へ向かうハッピーフィート

今日4日の朝、ハッピーフィート君の南極へ向かう旅が始まりました。

タンガロア船から、軽く押し出されながらターポリンで作られたウォータースライダーを滑り落ち、ハッピーフィート君が海に落ちる様子がStuffに掲載されています(このターポリンは海が予想以上に荒れていることから、ハッピーフィート君を傷つけることなく着水させるために、急遽用意されたものです)。

動画はこちらから。


写真はこちらから。



ハッピーフィート君が南極海へ放されたあと、予告どおり、GPSの追跡が実施されています。彼のGPSの軌跡を公表しているサイトを2つ見つけていたので、それをアップしておきます。

Our Far South (ミリオネアー、ギャレス・モーガン氏の運営する団体のサイトです)


SIRTRACK(GPS装置を提供した会社がハッピーフィート君のために別サイトを立ち上げています)


彼がどこにいるのか、たまにはチェックするのもいいと思います。南極へ帰るという保証もないので、彼がどういう足取りをとるのか、とても興味深い軌跡になるかもしれません。


Two months after he washed up on a beach north of Wellington, Happy Feet has been released into the Southern Ocean.

The emperor penguin was freed earlier this morning just north of Campbell Island, from the stern ramp of the research vessel Tangaroa.

The boat left Wellington on Monday, with Happy Feet housed in a specially-designed crate filled with ice.

The journey south was hampered by rough conditions, but overnight the Tangaroa finally made it to the drop-off latitude of 51 degrees.

Sea conditions were too rough to release Happy Feet by hand, so he was released down a tarpaulin 'hydro-slide' from the boat's ramp.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/5561798/Happy-Feet-released-in-Southern-Ocean

0 件のコメント:

コメントを投稿