2011年9月28日

改定版:オークランドの大気汚染

追加:新しいデータによると、ダニーデンの大気汚染が深刻になっており、オークランドはシドニーよりもわずかに悪化した数値になっています。

*******
オークランドの大気汚染が深刻になっています。


LATEST: A United Nations agency has today suddenly withdrawn data which yesterday was showing Auckland with New Zealand's worst air pollution at levels nearly double that of Sydney.

最新版:国連が昨日公表した、オークランドはニュージーランドで最も大気汚染がひどく、シドニーと比較すると2倍近い数値を示していたデータを突然回収した。

New data that is to go on the World Health Organisation (WHO) air pollution survey will show Auckland only slightly worse than Sydney, and Dunedin, which yesterday had the country's cleanest air, now has the worst.

現在、世界保健期間(WHO)大気汚染調査のデータによると、オークランドはシドニーよりもわずかに悪く、昨日のデータではニュージーランドで最もきれいな空気だったダニーデンが、最も汚染されていることを示している。

Yesterday's figures showed New Zealand's cities had higher than acceptable levels of air pollution caused an uproar and saw Environment Minister Nick Smith contacting WHO for clarification as the results were out of line with government data.

ニュージーランドの都市の大気汚染は容認できないほど悪化した水準に達していることが示された昨日のデータは議論を巻き起こし、環境大臣ニック・スミスが政府のデータの基準とは離れている結果だっためWHOへ明文化を求めていた。

"The figures released by the World Health Organisation differ from the data collected through monitoring of air quality by New Zealand's regional councils compiled by the Ministry for the Environment.

WHOによって公表されたデータは、環境省により要求されニュージーランドカウンシルによって実施している大気汚染のモニタリングを通して集められたデータとは違う。

"Environment Ministry officials have contacted WHO to clarify how it calculated its figures and are awaiting a response," Smith said.

環境省のオフィシャルはWHOへ連絡を取り、どのように計算したデータなのか明らかにするよう求め、返事を待っているところだ、スミスは述べた。

This morning the results for New Zealand had been changed on the WHO website.

今朝、ニュージーランドの結果はWHOのウェブサイトで変更された。

WHO's original figures were based on 2009 data but new 2010 official New Zealand data paints a different story - although with no explanation over why they are so different.

WHOのオリジナルのデータは2009年をもとにしたものだが、新しい2010年度のニュージーランドのオフィシャルのデータは違った物語を表現している - それらのデータがなぜそんなにも違っているのか説明はないけれども。

WHO published air quality data for 1100 cities across 91 countries, focussing on an air pollution measurement known as PM10, a level of airborne particles smaller than 10 micrometres.

WHOは91カ国、1100もの都市のエアクォリティ、空気で運ばれる10マイクロメーターよりも小さい粒子の水準を計測する、PM10として知られた大気汚染の計測値に焦点を合わせたデータを公表した。

WHO air quality guidelines for PM10 is 20 micrograms per cubic metre (µg/m3) as an annual average.

PM10のWHOエアクォリティガイドラインは、1立方メーターに20マイクログラムを年間平均としている。

New Ministry of Environment data is being entered on the WHO site.

新しい環境省のデータはWHOのウェブサイトに申請されている。

Dunedin scored worst in the latest figures with 25 µg/m3.

最新のデータでは、25 µg/m3のダニーデンが最も悪い記録となった。

Yesterday it was just 19 µg/m3.

昨日のデータでは、それは19 µg/m3だった。

Auckland is now at 15 µg/m3 against yesterday's 23 µg/m3.

オークランドは昨日23 µg/m3だったが、現在は15 µg/m3を示している。

Wellington is now 13 µg/m3 against yesterday's 21 µg/m3.

ウェリントンは昨日21 µg/m3だったが、現在は 13 µg/m3を示している。

Christchurch now has New Zealand's cleanest air on 11 µg/m3.

クライストチャーチは11 µg/m3で、現在ニュージーランドで最も綺麗な空気となっている。

Yesterday it was scoring 20 µg/m3.

昨日の(クライストチャーチの)その数値は20 µg/m3だった。

Hamilton today scores 13 µg/m3, an improvement on yesterday's 22 µg/m3.

ハミルトンは昨日の 22 µg/m3から改善され、現在13 µg/m3を示している。

New Zealand's annual mean score is now 14 µg/m3 when yesterday WHO was saying it was 22 µg/m3.

ニュージーランドの年間中央値は現在14 µg/m3で、昨日WHOが述べていたのは22 µg/m3だった。

It is not obvious on the WHO spread sheets where other nations have challenged the data.

それはWHOのスプレッドシートにおいて他の国が挑戦したデータではないことが明らかだ。

Based on WHO's data yesterday Australia overall scored 13 µg/m3 with Brisbane top on 18, Port Phillip (Melbourne) 13, Sydney 12 and Canberra 10.

昨日のWHOのデータを元にすると、オーストラリア全体ではブリスベンの13 µg/m3がトップで18、ポートフィリップ(メルボルン)が13、シドニーが12、そしてキャンベラが10だった。

The cleanest urban air in the world was in Yukon's provincial capital Whitehorse, Canada, on 3, followed by Kitimat on 4.

世界で最も綺麗な都市部の空気は、カナダのユーコン州都ホワイトホースで3、キティマトが4。

The most polluted city in the world was Ahwaz, Iran, on 372, followed by Ulaanbaatar in Mongolia on 279 and Delhi, India, 198.

最も汚染された都市はイランのアフヴァーズで372、次にモンゴルのウランバートルが279、そしてインドのデリーが198.

WHO says outdoor air pollution causes an estimated 1.34 million premature deaths a year.

WHOは屋外の空気の公害は、推定で年間1.34ミリオンの早死を引き起こしていると述べている。

Investments to lower pollution levels quickly pay off owing to lower disease rates and, therefore, lower healthcare costs, it said.

低い公害水準への投資は、低い疾患率、そして低いヘルスケアのコストへ支払われる、とそれは述べている。

In its study, WHO says persistently elevated levels of fine particle pollution are common across many urban areas.

調査の中で、WHOはたくさんの都市部において普通にみられる細かい粒子の公害の水準を持続的に(厳しく)引き上げたと述べている。

Fine particle pollution often originates from combustion sources such as power plants and motor vehicles.

細かい粒子の公害は、発電所や車などの排気ガスからたびたび排出されている。

"Air pollution is a major environmental health issue and it is vital that we increase efforts to reduce the health burden it creates," said Dr Maria Neira, WHO Director for Public Health and Environment.

大気公害は主要な環境健康問題で、私たちが健康被害を作り出す負担を軽減することに効果的に取り組むことが生命を保つのに必要である、WHOパブリックヘルスアンドエンヴィロンメントのディレクター、ドクターマリア・ナリアは述べた。

"If we monitor and manage the environment properly we can significantly reduce the number of people suffering from respiratory and heart disease, and lung cancer.

もし私たちが監視し環境を適切に管理することにより、私たちは呼吸器、心臓疾患、そして肺ガンなどで苦しむ人々の数を劇的に減少させることができる。

Across the world, city air is often thick with exhaust fumes, factory smoke or soot from coal burning power plants.

世界中で、都市の空気は排気ガス、工場の煙、または石炭を燃料とする発電所からの煤により濃くなっている。

In many countries there are no air quality regulations and, where they do exist, national standards and their enforcement vary markedly.

エアクォリティの規制がないたくさんの国々の中で、国の基準と彼らの強制は著しく異なっている。


北半球と比べると南半球の大気汚染はそれほど深刻ではないので、測定する場所でかなり数値が違ってくると思います(オークランドやウェリントンだと、風が強い日は埃がすぐに流され晴れ渡るのでそれほど埃っぽいイメージがないと思います)。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/politics/5695103/UN-body-backs-down-on-NZ-pollution

0 件のコメント:

コメントを投稿