2011年9月27日

日本 VS カナダ

23 - 23 で引き分けました。

今日テレビで再放送を観ると、なんと、日本が終了間際3分前まで23 - 15で先行していたではありませんか(笑)。なぜ、残り数分だけでも持ちこたえることができなかったのか、勝てていたゲームだけに惜しいように思います。

Stuffにある結果表をみると:


カナダ3トライに対し、日本2トライ。
あとペナルティキックとコンバージョンで日本がトライ1つ分を稼いでいます。

スタッツをみてもほぼ互角です。



で、ちょっと気になったのは選手の評価:

5 - Ryan Nicholas (Japan) - The centre always looked dangerous on attack and his offloads kept Canada on their toes. He also ensured a fairly promising Canadian backline was shut down after it threatened to tear Japan up at the start of the game.

4 - Sione Vatuvei (Japan) - The big loosie added real starch to the Japanese forwards, especially at the breakdown and he secured a number of turnovers at crucial moments.

3 - Luke Thompson (Japan) - Made some big hits on defence and the experienced lock was very tidy at lineout time.

2 - Ander Monro (Canada) - Despite a scratchy goal kicking display stepped up when it mattered most.

1 - DTH van der Merwe (Canada) - The centre looked very dangerous on attack. Held on to the ball a little too much at times, but was a constant threat. Scored a great first try.

評価されているのは海外から日本のチームに参加しているプレイヤーだけです(ひとりくらいは評価されてもと思うのは酷なのか?)。日本のラグビーに未来があるのか心配になってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿