2011年10月22日

ミニヘッドライン 2011/10/22

土曜日の記事から。

遊泳禁止になったベイオブプレンティのビーチ

Bay of Plenty residents have been warned that while some beaches have reopened, there is still a swimming ban in place. A further three kilometers of beach was opened to the public yesterday afternoon. The public could now access Mt Maunganui beach and the base track around to Tay St. Confusion arose yesterday after Maritime New Zealand (MNZ) National on Scene Commander Alex van Wijngaarden told media that whether the public wanted to go swimming or fishing was "up to them". But MNZ retracted that later, putting out a release that said the swim ban was still in place.

タウランガ沖で座礁している貨物タンカーレナから流出する重油や有毒物質が流れ着いているため、ベイオブプレンティのビーチでの遊泳が禁止されています。また、釣りや潮干狩り(貝拾い)も控えるよう、警告が出されています。一部アクセスできるビーチもあるようですが規制されている場所もあるため、アクセスには注意が必要です。なお、流れ着いた商品等があっても絶対に持ち帰らないよう注意を。窃盗で捕まります。


カーマデック諸島でマグニチュード7.3の地震発生

A tsunami warning has been cancelled for New Zealand after a 7.3 magnitude earthquake struck the Kermadec Islands this morning. The Ministry of Civil Defence and Emergency Management issued the warning of a potential threat after the earthquake struck at 6.57am. But the warning was cancelled at 8.15am by the ministry. Sea level gauges on Rauol Island registered wave heights between 0.1 and 0.17m. The NZ Tsunami Experts Panel has convened and advise that there is no threat to New Zealand from this event. The earthquake struck 230km east of Raoul Island and 310km east of Macauley Island. Raoul Island is the northernmost of the Kermadec Islands and is around 1100km north-east of New Zealand’s North Island.

今朝6時57分頃、カーマデック諸島でマグニチュード7.3の地震が発生したことを受け、シヴィルディフェンスは津波警報を出していましたが、8時15分にキャンセルされていたようです。震源地はラウル島から東へ230km、マコーリー島から東へ310kmの地点です。ラウル島はニュージーランドのノースランドから北東へ1100kmの地点にあるカーマデック諸島の北西にあります。

場所はこのあたりです。


View Kermadec Islands in a larger map


RWCに$174ミリオンも投資しているハイネケン

Heineken has had a team of around 100 working in New Zealand during the Rugby World Cup to support its sponsorship of the tournament. Many have been flown in from Holland for the duration of the event. The company announced yesterday it had extended its contract with the world cup governing body, and would again be the official beer supplier at the 2015 event in England. Heineken liked to do ''a few things with big impact'', Hans Erik Tuijt, global brand activation manager, said. Since signing up to its first world cup in 1995 the brewer has spent 100 million euros (NZ$174m) on rugby sponsorship.

ハイネケンはラグビーワールドカップのために主に本国オランダから100人ものチームをニュージーランドへ送り込みスポンサーのサポートを展開しており、1995年にスポンサーのサインをしてから100ミリオンユーロ(NZ$174ミリオン)を投資していると述べています。2015年のイングランドでもスポンサーを継続する意向をすでに示しています。ここ数年スーパーで割安で売られるハイネケンをよくみかけるようになり、たまに買ったりしていましたが、普通に飲めるビールだと思います。


オバマ大統領がイラクからの完全撤退を公表

Obama, an opponent of the war from the start, took office and accelerated the end of the conflict. In August 2010, he declared the US combat mission over. "Over the next two months our troops in Iraq, tens of thousands of them, will pack up their gear and board convoys for the journey home," Obama said. "The last American soldier will cross the border out of Iraq with their heads held high, proud of their success and knowing that the American people stand united in our support for our troops. More than 4,400 American military members have been killed since the US and its allies invaded Iraq in March 2003.

アメリカ合衆国のオバマ大統領がイラクへ派遣している軍を今年中に完全撤退させることを公表しました。ただし、権限委譲をどのように行うのか、軍が撤退したあとの後始末についての詳細はまだはっきりしていないようです。覚書まで。


ヴァージンビジネスチャレンジを提供したR・ブランソン氏

As Sir Richard launched the Virgin Business Challenge yesterday with a boat-racing publicity stunt at Auckland's Takapuna beach, newly appointed Challenge judges Derek Handley and Bill Buckley said the competition would be a huge boost for many local companies. Sir Richard also said Virgin would take a close look at the short-listed businesses in the competition, with clean-tech and bio-fuels high on his agenda. Aside from $100,000 cash from Virgin Business Challenge partner Bank of New Zealand, the winners of the award would receive another $10,000 for developing management and leadership skills. The winner would also get 12 months access to BNZ's Partner Business Centres around the country and mentoring from senior BNZ and Virgin executives. They would also be able to access Virgin's meeting rooms in Sydney, London, New York or Geneva over the next 12 months.

ヴァージン航空やその他様々なビジネスを展開しているリチャード・ブランソン氏がオークランドのタカプナを訪問していたようです。で、ニュージーランドのビジネスを活性化させるために彼が$100,000を融資し、ヴァージンビジネスチャレンジを始動しました。もしこれに参加してみたい方は、こちらで参加資格やエントリーフォームの確認を。


ワイヘキ島で確認されたはしかの感染

The measles outbreak which has infected more than 200 Aucklanders has now spread to Waiheke Island. A 17-year-old resident on the island recently tested positive for the disease, Dawn Rigby, Manager of the Waiheke Trust said. It is not known where the teenager contracted measles, but because of the school holidays his contact with others had been limited. There were no other suspected cases on Waiheke.

オークランドで229人の感染が確認されている”はしか”が、あの離れ小島のワイヘキ島でも確認されたようです。もともと島に住んでいる17歳がその感染者で、現在スクールホリデーのため、それ以上の接触はいまのところない(ひとりだけの感染)、と述べています(このはしか感染、当初はパンデミックの可能性が噂されていましたが、予防注射などが効いているのか、いまのところ、倍々の増加にはなっていないようです)。


子供2人の銀行口座からお金を盗んでいた母親

The woman, 43, who was given interim name suppression, pleaded guilty yesterday to theft that involved accessing two of her children's bank accounts over 170 times between May 24, 2005, and February 5 last year, taking money from the accounts without their knowledge or consent. The victims deposited wages from part-time paper-run and supermarket jobs directly into the savings accounts, which were opened in 2001. The woman accessed one account 141 times, taking $9924, and the other 30 times, taking $2705, the court was told.

子供たちが一生懸命に働いていたお金を盗んでいた母親が報じられています。43歳のその母親は、2005年5月24日から去年2月5日まで、170回も彼らの銀行口座へ無断でアクセスしお金を着服していたようです。うち被害が多いほうは141回のアクセスで$9924を、もうひとりは30回以上アクセスされ$2705も盗まれていたようです。悲しいのは、子供たちが働いていた職種は、チラシ配りとスーパーマーケットのパートタイムだったこと。これらの職種は信じられないほどの薄給なので、相当時間一生懸命に働いていたことが理解できます。現在この母親は12月まで拘留され、精神鑑定やメディカルチェックなどが要求されているようです。


機長を吹き飛ばしたクォンタス航空のジェットエンジン

A Virgin Australia pilot has been badly injured in Brisbane after he was blown from stairs at the rear of a passenger jet by the engine thrust from a Qantas 747 jumbo, which was taxi-ing close to his plane. Safety experts are looking into how the Qantas jumbo came close enough to the Boeing 737, which is operated by Virgin subsidiary Pacific Blue, to blow over the stairs on which the first officer was standing. The pilot had been conducting pre-flight checks on the 737 passenger jet, which was parked at Brisbane Airport's international terminal, shortly before it was due to take off to Bali on Friday. The first officer suffered a fractured arm and leg when the aluminium stairs were blown over by the force of the Qantas jumbo's engine blast. The 747 had been taxi-ing to a runway and was awaiting clearance from air traffic controllers to take off when the incident occurred.

ブリスベン国際空港で、ヴァージンオーストラリアの737の機長がバリへ向かうため機体のチェックをしていたところ、アメリカ発シドニー行きのクォンタス航空のジャンボが、(乗客を降ろすために)ブリスベンへ入港し、ヴァージンオーストラリアの機体に近づいたとき、(機体をチェックしていたヴァージンオーストラリアの)機長がアルミ製の階段ごとクォンタス機のジェット噴射で吹き飛ばされ、骨折を伴う大怪我をした事故が発生していたようです。このクォンタスのジャンボに搭載されているジェットエンジンは世界で最も長い航路に使用されることから推進力は通常の機体よりも強力で、そのため、より被害が大きくなったとみられています。ヴァージンオーストラリアは機体は正しい時間に正しいところに停められており、クォンタス機からのジェットエンジンの推進力が違うレヴェルだったと主張し、クォンタス側は機体は通常通りに管制塔からの支持に従って運行され、過大なジェットエンジンを使用していなかったと主張しています。記事では、ブリスベン空港内で(ヴァージンオーストラリアが停められていた付近で)工事が行われており、ヴァージンオーストラリアの機体が通常よりもわずかにずれたところに停められていた可能性がある、と述べています。いずれにしても、(何も知らされないまま吹き飛ばされた)機長が一番かわいそうです。


レッドゾーンで消えたタバコとダイアモンド

Cigarettes worth $30,000 and diamonds valued at $25,000 are among reports of valuables missing from Christchurch's central city no-go red zone. The concerns came to light after The Press coverage of disquiet about effects, office equipment and files being dumped or taken to salvage yards during demolition. Debbie and Chris Ritchie, who owned the Cashel St Night `n' Day 24hr grocery, housed on the ground floor of the DTZ building on the corner of Cashel and Oxford Tce, want to know what happened to about $108,000 of stock, including $30,000 of cigarettes, and $300,000 of plant left in the dairy after the February 22 earthquake. The Press has also learned about $25,000 of diamonds left in Curtis Jewellers, another City Mall shop, not far from the dairy.

シティモールに近いカーティスジュエラーに置かれてた$25,000相当の価値があるダイアモンドが解体された建物から紛失し、ナイトアンドデイ24時間グロサリーでは$30,000相当のタバコ類が失くなっていることが、明らかにされています。これが、レッドゾーンとして規制された立ち入り禁止前の窃盗なのか、解体作業中に紛失したのか、判明していませんが、この記事では後者が疑われているようです(実際のところは定かではないと思います)。


マウントクックアルパインのサーモンが受賞

A sushi-grade salmon farmed in alpine conditions in the South Island has taken the top honours at the New Zealand Food Awards. Mt Cook Alpine won the award last night at the Massey University event and CEO Geoff Matthews told TVNZ's business programme this morning that he's pleased with the recognition. "We knew the salmon was special but we didn't know how to get the word out there," he said. "We did it by putting it in their mouths. The people at the top end can taste the difference".

ニュージーランドフードアワードで、寿司品質のマウントクックアルパインのサーモンがトップを受賞しました。寿司品質のサーモンは海水で育ったサーモンが普通だそうですが、このマウントクックアルパインのサーモンはマウントクックから流れる淡水で、特殊な水路を使い養殖されたもののようです(というよりも、この養殖場はあまりにも有名なところで、この養殖場へ行ったことがある方もたくさんいると思います。もしまだ行ったことのない方、魚が好きで、マウントクックの近所に立ち寄る機会があれば、ぜひ行くべきところかもしれません)。



医療技術者が経験を取得するための患者ロボット

He can breathe, blink, shake, urinate, and even quickly become a she. But that sort of reality in a robot comes with a $138,000 price tag. Built to simulate a human being, SimMan 3G - so named because he is wireless - is helping to train medical professionals at Waikato hospital's Clinical Skills and Simulation Centre. Designed to simulate a range of medical situations, SimMan 3G comes with interchangeable genitalia, quickly becoming a she. Yesterday, SimMan 3G, one of five such robots in New Zealand, put registrars Dr Conrad Engelbrecht and Dr Vicki Freeman through their paces, with anaesthetist technician Grant Hemmingsen also working on the robot.

その医療用ロボットは既に実用段階にあり、呼吸、まばたき、震え、小便、などができ、男性から女性へも簡単に変えられるようです。名前がシムマン3G(SimMan 3G)-3Gの名称は、無線で動作ができることから付けられているそうです。今回はワイカト病院で医療訓練生のために配備されたようです(値段が$138,000で、半額をワイカトディストリクトヘルスボードが払ったと報じています)。



ネルソンのカップルが高額の請求書で太陽熱温水器を獲得

Nelson couple Patrick and Wendy Meffan have won a solar hot water system worth up to $10,000, thanks to an astronomically high July power bill. The Meffans entered the Nelson Mail and SolarCity's "battle of the bills", a contest to find the largest residential power bill in Nelson in July, August or September. The Meffans took out the competition with a $883.51 bill from July. The Meffans live in a historic house, with two sons at home and another two sons at university and Mrs Meffan said the July bill coincided with their older sons' university holidays.

ネルソンメールとソーラーシティが協賛して実施された、バトルオブザビル(請求書の戦い)で、7月、8月、または9月の請求書で最も高額な請求書を出した人へ与えられる、$10,000までの太陽熱温水器の工事を、7月の請求書が$883.51だったネルソンのカップルが獲得したそうです(場所や所帯によりますが、通常、半分の$400でも十分高額です)。彼らはこれで、年間およそ$7000も節約できると話しています。ちなみに、ニュージーランドでは太陽熱温水器の普及率はまだ低いようです。最大の理由は、その値段と工賃の高さで、一般の世帯では手が届くものの、少々厳しい価格帯だと思います(あと冬場の天候もあるようです。お湯の使用量が極端に少ない場合は、インフィニティなどのガスで沸かすほうが安くつく場合もあるようです)。


クイーンズタウン湖畔にあるウォルターピークがモーゲージセール

Failed luxury Queenstown lakefront development Walter Peak is being marketed for mortgagee tender, after its developer Rod Nielsen was bankrupted in 2009. Nielsen bought the picturesque 38.16ha of land for $10 million in 2006. Together with his brother Greg and their London-based business partner Justin Russell, Nielsen wanted to transform it into a $50m luxury development. A 'wilderness experience' with cottages, homesteads and a luxury lodge was planned for the site but receivers were appointed in 2009.

2009年にロッド・ニールセンが破産し、クイーンズタウン湖畔にあるウォルターピークがモーゲージセールにかけられています。この土地は土地38.16ヘクタールの広さがあり、2006年に$10ミリオンで購入していました。写真の黄色の線にある土地がその物件のようです。



財布のかわりにリストバンドで支払い

Kiwis planning a big night out on New Year's Eve will be able to leave their cash at home for at least two festivals, with organisers bringing technology to New Zealand for the first time that loads credits onto wristbands. Wellington-based 1-Night and Hamilton's AWOP will roll out the technology respectively at the La De Da festival in Martinborough and Rhythm and Vines event in Gisborne on Dec. 31. Revellers will be able to buy food and drink and enter the event with a swipe of their wrist, and event organisers will get back more detailed data on where money is being spent.

大きなイヴェント、たとえばフードアンドワインショーなど、食べ物や飲み物をお金を払いながら参加するのはわりと面倒で、支払いが簡単な現金を持ち歩くと紛失する恐れがあり、セキュリティに問題があります。これを解消するために、来場者へRFID(radio frequency identification)が内臓されたリストバンドを付け、それで決済をするシステムがニュージーランドで導入されることになりました。ウェリントンに拠点を置くワンナイト(1-Night)と、ハミルトンのAWOPが、マーティンボロで開かれる”La De Da”フェスティヴァルと、12月31日にギズボーンで開かれる”リズムとワイン”イヴェントでこのリストバンドをニュージーランドで初めて採用するようです。システムは、無線で情報を読み取る技術で、犬の登録カプセルと同じもののようです(SPCAのオフィサーが犬の首に機器を近づけると犬の住所などの情報が読み取れるあのシステムです)。


最新調査で否定された携帯電話使用のガンリスク

Danish researchers can offer some reassurance if you're concerned about your cellphone: Don't worry. Your device is probably safe. The biggest study ever to examine the possible connection between cellphones and cancer found no evidence of any link, suggesting that billions of people who are rarely more than a few inches from their phones have no special health concerns. The Danish study of more than 350,000 people concluded there was no difference in cancer rates between people who had used a cellphone for about a decade and those who did not. Cellphones send signals to nearby towers via radio waves, a form of energy similar to microwaves. But the radiation produced by cellphones cannot directly damage DNA and is different from stronger types of radiation like X-rays or ultraviolet light. At very high levels, radio frequency waves from cellphones can heat up body tissue, but that is not believed to damage human cells. Nunn said people should not change their cellphone habits based on the current evidence, except perhaps for limiting their kids' use of the devices. "There are a lot more worrying things in the world than mobile phones," she said.

別の調査期間が同じ調査をしたところ、携帯電話の使用でわずかにガンのリスクに影響があると指摘されていましたが、今回これが否定されています。今回はデンマークの調査で、350000人を対象に調査したところ、およそ10年以上携帯を使用している人々、まったく携帯を使用していない人々、それぞれを比較したとき、ガンの疾患リスクに違いがないことが指摘されています。研究者は、(レントゲンや紫外線などの放射線よりも弱い)携帯電話が使用している電波は生体組織を暖めることがわかっているが、細胞を損傷させることはなく、携帯電話よりも、もっと他にガンを心配するものがたくさんある、と述べています。細胞が暖められることが事実なら、それは原子レベルで何かが起こっていると十分に考えられるので、もう少し長い期間、たとえば、いまの10代、20代の人々を対象に、20年後に再調査して、それでも問題があるかどうか確認してもらったほうが、より安心のような気がします(笑)。


浮浪者モデル起用で弁護したカルヴァンクライン

He opened up about why he made the decision to use her. "The reason for Kate [Moss] and this whole group of women I found that someone named 'waifs' was because before that, a lot of women were getting breast implants and doing things to their buttocks. It was getting out of control. I just found something so distasteful about all that," he explained. "I wanted someone who was natural, always thin. I was looking for the complete opposite of that glamour type that came before Kate."

なぜ浮浪者をモデルに起用したのかと問われたとき、彼は、豊胸手術などの整形をしていない、自然なモデルを探していた、そして、それが彼女だった、といった感じで弁護しています。なので、プリティウーマンのあの筋書きとは少々赴きが違うようです。記事元には、他にも興味深いものがあるので、興味のある方はぜひ。



虫歯を誘発するシュガーフりー商品

Publishing their findings in the British Dental Journal, a team of US researchers discovered that popular sugar-free foods, beverages and confectionary often contain additives that are as harmful as sugar when it comes to dental health. "The public's perception is that they will never cause any dental harm. However, that may be a misconception when those products contain acidic additives," says study author Sok-Ja Janket, Research Associate Professor at Boston University's Henry M Goldman School of Dental Medicine. "Acids dissolve the calcium in the enamel and cause erosion. Whether sugar-free or sugar-containing, if the products contain acidic additives, we are delivering these acids on a platter."

お菓子でよくみかけるシュガーフリーまたはシュガーレス商品の、砂糖の代わりに使用されている添加物の酸で歯が侵食され(またはカルシウムが溶けるため)、虫歯の原因になる可能性が指摘されています。歯へ損傷を与えるものが、ソルビトールとキシリトール、口の中のPHを変化させるものとして、アスコルビン、タータリック(酒石)、マリックまたはフォスフォリック(リン)、などが挙げられています。これらの添加物が口の中で長く含まれていればいるほど虫歯の可能性が高まると述べています。なので、シュガーフリー商品から虫歯を防ぐには、まめに歯を磨く必要がある、ということになります。

ということは、お菓子などもスーパーで買うのをやめて、自宅で普通に砂糖を使って作り、普通に歯を磨いたほうが、まだ健全に健康を保てるような気がします。


70億人を突破する世界の人口

Seven billion. Next week the world's population will, according the UN, reach seven billion and a baby born somewhere in the world will be designated the seven billionth baby - just as Adnan Nevic, now a healthy 11-year-old living in Bosnia, became the six billionth when he was born just after midnight on 11 October, 1999. There is, of course, a spurious precision about this. We may have passed seven billion already - there are some suggestions we got there three months ago - or if the US Census Bureau is right, it will not happen until next March. But the detail does not matter. What matters is that we are adding more than the population of Britain to the world every year and, while the rate of growth is slowing somewhat, it seems likely that eight billion will be reached sometime in the 2020s.

世界の人口が来週にも70億人を突破するようです(ただし、3ヶ月前に既に達しているとする説もあるようです。来年の3月にその詳細がはっきりするようです)。ちなみに、世界人口が60億人に達したのはボスニアの少年が生まれた1999年10月11日で、さらに現在UKの人口ほどが毎年増えており、もし、このままのペースで人口の増加が続いた場合、2020年頃に80億人へ達すると予測されています。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿