2011年11月28日

ミニヘッドライン 2011/11/28

月曜日の記事から。

9月の地震ですでに亀裂が入っていたかもしれないPGCビル

Pyne Gould Corporation building tenants repeatedly raised concerns about cracks in parts of the building that eventually collapsed, the Canterbury Earthquakes royal commission has heard. Commission lawyer Stephen Mills, QC, said after the September 4 earthquake, building tenants raised concerns about cracking in columns and the central load-bearing wall, which later failed in the February earthquake, leading to 18 deaths in the February 22 earthquake. "Tenants reported serious concerns about the building and cracking." However, five engineering assessments - one by Christchurch City Council and four by Holmes Consulting - were carried between September and February, all of which cleared it as "safe to occupy", he said. These claims were also supported by the building's property managers Harcourts, who repeatedly advised tenants the building was safe to occupy, he said. "In the period from September 3 to February 22 they were repeatedly assured the building was safe to occupy."

クライストチャーチで2月に起きた地震で倒壊した建物のうち、PGCについてそれほど報道されることもなかったようですが、今回、新しい情報が暴露されています。コミッションの弁護士により、9月4日、そしてボクシングデイに起きた地震のあと、PGCビルの中にいた人々が、柱や壁などにひび割れなどがみられ、それに不安を訴えていたことが明らかにされています。恐ろしいのは、クライストチャーチシティカウンシルとホームズコンサルティングにより、このPGCビルは入居しても問題がないと認証されていたようです。これについて、不動産仲介業者のハーコーツもそのように言われていたと述べています。9月の地震ですでに損傷を受けていたビルが行政にも民間にも適正に審査されていなかった可能性がゼロではないことがこの記事から読み取ることができると思います(追記:TVONEのニュースを観ていると、PGCビルの倒壊は液状化現象が原因ではなかったことも述べられていました)。



天井から落ちてくるウェリントンのマウントヴィクトリアトンネル

The New Zealand Transport Agency (NZTA) is defending itself against criticism over the length of time it took to ensure the safety of Mount Victoria Tunnel in Wellington, after a report suggested users were at risk of being hit by falling concrete. "The plenum slab has little, or no, residual service life: this statement is mainly based on the amount of corrosion damage and deterioration present and the increasing frequency of pieces of concrete falling from the slab soffit and the associated risk to users.'' However, the tunnel upgrade did not begin until April this year and took until earlier this month to be completed.

ウェリントンのマウントヴィクトリアにあるトンネルの天井からコンクリートが落ちてくる危険性を指摘され、それを調査したNZトランスポートエージェンシーが自己弁護しています。このコンクリートはトンネルの老朽化によるもので、来年の4月にならないと工事が始まらないため、不安に感じている地元の人々は多いようです。いずれにせよこのレポートで考えられることは、トンネル内で何かが落ちてくる可能性はゼロではない、ことです。ウェリントンにお住まいの方、注意は必要かもしれません。



向こう2週間以内に立ち退きを命じられたアオテアスクエアのオキュパイ

The protesters, who have been occupying Auckland's Aotea Square since October 15, were today ordered to leave within the next two weeks. The protesters say the notice came just days after a meeting with the mayor's office in which they were assured there would be no immediate action. "This provocative action taken by the council is in direct contradiction with the understood position of Mayor Len Brown," said one of the protesters, Chris Glen. "At our latest liaison meeting Len vehemently stated that no immediate action would be taken against the lawful protest action in Aotea Square while discussions were ongoing."

オークランドのアオテアスクエアで10月15日からオキュパイ抗議をしている人々へ、オークランドシティカウンシルから向こう2週間以内に立ち退くよう通達が出されたようです。レン・ブラウン市長はすぐに法的な行動をとるつもりはないと述べていますが、まずは、自主的に撤収してほしいという無言の圧力が見え隠れしています。不法占拠となると拘留される可能性があるので、継続するのは難しいかもしれません。それにしても、(時間の経過とともに風化していた)このオキュパイ抗議にどれだけの意義を見つけることができたのか、少々疑問に思います。


今週末に無制限のインターネットを提供するテルストラ・クリア

How well would the internet work if internet providers axed data traffic caps and let people surf the web and watch online videos without any restrictions? TelstraClear customers will get a chance to find out this weekend when the company will offer unmetered access to the web to all its residential customers. Consumer markets head Steve Jackson said it would turn off its data meter between 6pm on Friday and midnight Sunday.

テルストラ・クリアが今週末に無制限のインターネットを提供するようです。ただし、ウェリントン在住者に限定しています。金曜日の夕方6時から日曜日の深夜まで、使用量メーターが止められる予定です。おそらく集客マーケティングを含めた、フリーでどれくらいのトラフィックが集まるのか、また、どのサイトにアクセスが集中するかを調べる負荷テストのように見えなくもないです(著作権違反を調べるためのものではないと思いますが、可能性はゼロではないかもしれません。この期に及んでP2Pソフトなどを使わないように、普通に80番ポートでアクセスできるところに留めておくのが賢明だと思います)。


トイレットペーパーの不審火でテストが中断

A small fire this morning in a toilet block at a south Auckland school produced black smoke as students there prepared to sit exams. Toilet paper was set alight in the boys' toilets at Otahuhu College just before 9am, and acrid smoke was produced when the flames spread to a plastic toilet roll holder. An Ambulance spokeswoman said one person was treated for smoke inhalation at the scene but did not require hospitalisation. Principal Gil Laurenson said students and staff filed onto the tennis courts while firefighters dealt with the fire.

オークランドのオタフフカレッジのトイレで朝9時頃、トイレットペーパーに火をつけ、炎が広がりプラスチックのトイレットホルダーも燃やす小火騒ぎがあったようです。救急車と消防車が呼ばれる騒ぎとなり、その影響で準備されていたテストが中断されたようです。とりあえず、テストを止めるためにトイレットペーパーに火をつけたのではなさそうです。


イーウィの連合が電力会社の資産を購入か

An alliance of Maori tribes plan to buy up to 20 per cent of any state-owned power companies put up for partial sale by the new National Government. Prime Minister John Key is sticking by his party's plan to sell up to 49 per cent of Meridian Energy, Mighty River Power, Genesis Energy and Solid Energy in the wake of National's election win on Saturday. He has rejected suggestions his party lacks a mandate to partially sell off the state-owned assets. Ngai Tahu chair Mark Solomon this morning told Radio New Zealand a consortium of tribes were interested in a large stake in the companies. The partnership would work because iwi would not on-sell the shares overseas and would reinvest dividends in New Zealand, he said. "What we like about infrastructure is it's good long term investment and it's allowing us to invest in our own country."

今回の選挙を圧勝したジョン・キー政権が続投することになり、政府資産の売却が不可避になりつつありますが、イーウィを中心としたマオリの共同体が政府資産のそれぞれ20%の株式所有を計画していることが明らかになっています。現在売却される予定の企業は、メリディアンエナジー、マイティリヴァーパワー、ジェネシスエナジー、そしてソリッドエナジーです。イーウィが狙っているのは、これらの企業から放出される49%の株式を海外へ売却させないように、ニュージーランドの人々の手に配当が支払われるように一部を買い取りすることを計画しているようです。もし、これが実現するなら、悪い話ではないように思います。ただし、この株式に制限がつけられるのか、まだ議論はこれからなので、他にも良い方法が見つかるかもしれません(あくまで推測ですが、当初この株式売買で海外へ販売しようとしていたジョン・キー氏は証券会社などのクライアントをすでに持っており、ゆえに、政府の資産売却の話を強行に進めていたような、そんな気もします。それにしても、今回の選挙では彼の顔色がずっと悪く何かを隠していたようにしか見えませんでした)。


エンパイアの崩壊と共に破産申請をした投資家

Self-styled property guru and investment adviser Dean Letfus has declared himself bankrupt following the collapse of his business and property investment empire. Letfus set up Massive Action Ltd and NZ Property Gurus Ltd, both of which have been put into liquidation, with little likelihood that their creditors will be paid. Massive Action charged people $1500 to attend seminars where Letfus would share his money-making secrets, such as: How to enjoy the capital gains on 10 or 20 or 50 houses that you haven't paid for; and How to get in and out of money-making deals with no money.

この業者のセミナーを新聞広告などで見かけた方もいらっしゃると思います。マッシヴオークションを運営し、ひとりあたり$1500の参加費を徴収してセミナーを開催していたディーン・レットフス氏が破産申請をしています。ニュージーランドでこの類の詐欺セミナーをみかけることはあまりありませんが、そのほとんどは意味のない内容を指南するセミナーが多く、参加には注意が必要のように思います。


12年も遠ざかっていた大臣のポストを望むジョン・バンクス氏

John Banks is hoping for a ministerial post when he returns to Parliament after an absence of 12 years. Mr Banks turns 65 on Thursday and has no intention of signing on for the pension or a SuperGold Card. The sole Act MP is ambitious for a ministerial posting in exchange for supporting a John Key-led government on confidence and money supply. On Saturday night, Mr Banks defied the polls by winning Epsom with a majority of 2485. The victory ensured the blue-ribbon seat had two local MPs - Mr Banks and National candidate Paul Goldsmith, who gets into Parliament as a list MP.

今回の選挙で議員として返り咲いた65歳のジョン・バンクス氏が、ジョン・キー政権の大臣のポストを狙っているようです。

パーティヴォートの支持率だけをみると、彼の現在の立ち位置はマナ党のホネ・ハラウィラ氏とほとんど変わりません。しかしながら、ハラウィラ氏と決定的に違うのはその当選の仕方で、このアクト党だけは(民意を反映しておらず)政治の駆け引きだけで当選しているので、民主主義の原理原則から考えると好ましいものだとは思えません。


MMPの改変に慎重なピーターズ氏

Prime Minister John Key says MMP is a "weird" system when National can win a large majority but Parliament remains tightly balanced. The electoral system is expected to be reviewed following Saturday's election but one of the victim's of MMP's 5 per cent threshold, NZ First leader Winston Peters is warning any changes must not allow extremists to get into Parliament. NZ First leader Winston Peters said his party never complained the system was unfair. "Even though we are the victims of it, NZ First does not believe in a lower threshold. That makes us powerful advocates for the retention of 5 per cent. "If you have it at 1 or 1.5 per cent you'll get a whole lot of people with extreme views, so we think it's about right."

ジョン・キー首相は不可思議なシステムだとしてMMPを排除しようとしていますが、ニュージーランドファースト党はそれに強く反対しています。党首のウィンストン・ピーターズ氏は、党としてMMPを不公平なシステムだとして苦情を申し立てたことはないと述べ、MMPを変更する必要がないと主張しています。少数意見を代弁するには継続が望ましいのかもしれません。


インテルと共同でマザボにセキュリティを埋め込むマスターカード

Computer users should be able to pay for items online simply by tapping their credit card against their computer and entering a password, as a result of a partnership between Mastercard and Intel. Mastercard country manager Albert Naffah said the partnership was a long-term one that could eventually turn most computers into secure payment terminals that provided the same security that shoppers would expect when using an eftpos terminal in a shop. Under the arrangement, Intel, which supplies components for about 80 per cent of personal computers, will incorporate contactless chip card readers into computer motherboards along with two-factor security software. The technology would mean there would be no need for Mastercard customers to type in their credit card details when making a purchase, reducing the risk that cards might be compromised by malware that recorded customers' keystrokes.

オンラインショッピングの決済にクレジットカードを使うことが常識となりつつありますが、このクレジットカード、なにかとセキュリティの不安があります。これを解消するために、個人向けコンピュータ部品市場の80%を持つインテルと、クレジットカードの大手マスターカードが共同で開発している技術があるようです。これは、コンピュータの部品にマザーボード(またはメインボード)というメモリーやCPUなどすべての部品が載せられる基盤があり、この基盤にカード情報を読み込む無接触式のチップ埋め込み、2つの要素を持つセキュリティの高いソフトウェアを使うことにより、マスターカードの顧客はオンラインの決済のときにクレジットカード番号、有効期限、その他の個人情報を入力する必要がなく、もし万が一マルウェアなどに感染していても、キーボードのストロークなどで個人情報が漏れることはないそうです。


施設に入れられた体重91kgの8歳児

An Ohio eight-year-old who weighs over 91 kilograms has been taken from his family and placed into foster care after county social workers said his mother wasn't doing enough to control his weight. The Plain Dealer reports that the Cleveland boy is considered severely obese and at risk for such diseases as diabetes and hypertension. The case is the first state officials can recall of a child being put in foster care strictly for a weight-related issue.

オハイオに住む体重91kgの8歳児が、保護者が彼の体重をコントロールできないことがケースワーカーにより指摘され、施設に預けられることになったそうです。子供を肥満や糖尿病のリスクに晒す可能性救うための処置で、幼児虐待の保護と同じようなものだと思います。体重が増えすぎた児童を施設に入れ保護された、初めてのケースとして報じられています。


ニュージーランドでテストされるおサイフ携帯

The days rummaging through your wallet for bank cards, 2-for-1 vouchers or a train ticket will soon belong to the past - if Vodafone has its way. The telco began testing infrastructure this week which may allow customers to make over-the-counter purchases, pay for public transport, or open a card-controlled door with a mobile phone. Vodafone staff demonstrated the technology last week, buying coffees by holding their phone up to a small terminal on the counter. Instead of a paper receipt, a message was sent to the phone with transaction details. This "mobile wallet" service works by using a near-field communication (NFC) chip inside a smartphone. NFC is technology that allows information to pass from one device to another when they are close to each other.

日本の携帯では当たり前のお財布機能、ニュージーランドで現在テストが進められているようです。記事では、テルコがインフラでのテストを始めたこのシステムで、カウンター越しの決済、公共輸送での支払い、セキュリティカードで開くドアを開けること、などが可能になると紹介しています。これ(おサイフ携帯)はスマートフォンに内臓されたニア・フィールド・コミュニケーション(near-field communication、NFC)チップで認証するシステムを採用し、備え付けの機器(例:カウンター)に近い別の機器(携帯またはスマホ)との間で情報のやりとりが可能なシステムのようです。市場に出てくるにはまだもう少し時間がかかりそうですが、便利な機能ゆえお金を使いすぎる人々が続出しそうな気がします(笑)。


1ミリオンが投票しなかった過去120年で最低の投票率

A million eligible New Zealanders did not bother to vote in Saturday's election, producing the lowest turnout in percentage terms in 120 years. Turnout dropped by just over 90,000, from 79.5 per cent of those on the rolls in 2008 to 73.8 per cent. Except for an anomaly in 1978 when the rolls were inflated by outdated and duplicate entries, this was the lowest percentage turnout since 1887, when 67.1 per cent of those on the rolls voted. That was before women won the right to vote in 1893. Moreover, only an estimated 93.2 per cent of the 3,276,000 people who were eligible to vote were enrolled, so the 2,254,581 people who did cast their votes (including special votes) leaves just over 1 million who stayed at home. Overseas votes included in this total plunged from an estimated 32,000 at the last election to 19,527.

土曜日の選挙に1ミリオンもの有権者が投票しなかったことが報じられています(ちなみに、現在ニュージーランドの人口は4.3ミリオン、およそ4分の1の人数になります)。2008年の選挙では73.8%、今回は79.5%で、約9万人減少しており、この減少率は、2重投票が認められ投票数が増えていた1978年を除くと、67.1%の投票率だった1887年から最も低い水準になっているようです(この年代は女性に参政権が認められる前の時代です)。また、93.2%にあたる3,276,000人が有権者として登録されているなか、今回選挙したのは2,254,581人で、1ミリオン以上の人々が投票していなかったことが明らかになっています。この合計には海外からの投票も含まれ、前回は19,527人だったのが、今回はおよそ32,000人が投票していないと見積もられています。

ニュージーランドの選挙の本当の問題は、政治への無関心と、投票しても何も変わらないと信じて投票しない政治へ絶望した人々が多いことで、この傾向が続く限り、ナショナルは政権を握り続けるかもしれません(今回彼らの浮動票が野党へ投票されていればナショナルは敗北していました)。


政府専用BMWリムジンがオークションで売却へ

The BMW used to chauffeur Prime Minister John Key over the past three years is going under the hammer. The 2008 BMW 730LD is among five ministerial BMWs to be sold in a commercial auction in Auckland on December 3. "We were blown away by the public interest in the government BMWs at the last tender. With the Prime Minister's car up for auction, we expect even more interest this time round," said Turners Auctions chief executive Graham Roberts. Mr Key's vehicle has less than 48,000km on the clock and has been regularly serviced by the Ministry of Internal Affairs. The car is expected to fetch $62,000-$68,000 at auction.

ジョン・キー首相を3年間送迎した2008年式の政府専用BMWリムジンがターナーズオークションで売却されるようです。型式は2008 BMW 730LDで、走行距離は48,000km以下、予測されている価格帯は$62,000-$68,000のようです。思ったより安いようですが、一般の世帯で所持するには車体が大きく(ガレージに入りきらない可能性あり)燃費もそれほど良くないので、入札する前に、それなりの下調べは必要です。興味のある方はターナーズオークションでチェックを(まだリストされていないようです)。


.

1 件のコメント: