2011年11月14日

最も交通事故が多い曜日と時間帯

交通事故が多い時間帯と曜日が公表されています。

Kiwis are poor drivers, inconsiderate behind the wheel and easily distracted – and it's helping to make peak hour the most likely time to have a crash, experts say.

ニュージーランドの人々は運転が下手で、運転中でも軽はずみで注意散漫になりやすい - それにより、事故が起きやすい時間帯を作り出す原因になっている、と専門家が指摘している。

A statistics breakdown of every crash for a full year has revealed the time of day and conditions in which drivers are most likely to crash, with the morning and afternoon peak hours the most high-pressure time.

一年間に起きたすべての交通事故を調査した統計が、朝と昼の交通量が最も多い時間帯、どの状況において運転手が事故を起こしやすいかを示している。

If you're going to be in a crash, it's most likely to happen between 8am and 9am on a Wednesday.

もしあなたが事故に遭うとすれば、それは、水曜日の朝8時から9時の間に最も起きやすい。

Losing control while turning right is the most common factor in crashes. Most accidents happen in fine, sunny conditions.

右旋回(または右曲がり)でコントロールを失ってしまい事故を起こしてしまうことが最も一般的な要因である。ほとんどの事故は、快晴で、日当たりが良い日に起きている。

But transport officials say the figures aren't surprising, because people are likely to drive faster and be more complacent when the weather's good, and be more distracted or fatigued during peak commuter times.

しかし、トランスポートオフィシャルは、なぜなら人々は天気が良い日に自己満足に陥りやすく車を飛ばす傾向があり、交通渋滞の時間帯に注意散漫になり運転することに疲れる傾向にあり、データに驚くことはないと述べている。

The trends are revealed in the Transport Ministry's annual report on motor vehicle crashes for 2010, released this week.

この傾向は今週公表されたトランスポートミニストリーズアニュアルリポートで2010年度の交通事故が明らかにされている。

It documents 10,549 injury and 337 fatal crashes in the year, a daily average of 29 crashes. The report showed the most crashes were recorded between 8am to 8.59am on Wednesday, with 163. But overall, Fridays had the most accidents, with the 5pm to 5.59pm hour the most dangerous for injury crashes.

その文書は、1年間の10,549件の怪我と337件の致命的な事故、一日平均29件の交通事故があることを示している。そのリポートにおいて、水曜日の朝8時から8時59分までに163件の最も事故が多いことが記録されている。しかし、全体では金曜日の夕刻5時から5時59分の間が最も事故の発生率が高く、怪我を伴った危険な事故が起きていることを示している。

Fatal crashes were more likely on a Saturday, with the highest risk time being between 2pm and 2.59pm.

致命的な事故は土曜日に置きやすく、最もリスクが高い時間帯は午後2時から2時59分の間となっている。

Triple A Driving School managing director Sarah McPhee said most Kiwi drivers were under-trained and over-confident.

トリプルAドライヴィングスクールのマネージングディレクター、サラ・マックフィーは、ニュージーランドの多くの運転手は訓練不足で、自信過剰な運転手が多いと述べている。

"The problem we have is that there is no compulsory driver training in New Zealand ... We are pretty poor drivers."

私たちが持っている問題はニュージーランドでは強制的に運転を訓練するところがない。私たちはとても運転が下手だ。

Automobile Association motoring affairs general manager Mike Noon said the high rate of morning and afternoon crashes reflected times when more cars were on the road. People also tended to be more fatigued at the end of the day.

オートもビルアソシエーションモータリングアフェアジェネラルマネージャー、マイク・ヌーンは、朝と昼の時間帯に交通事故が多いのは、その時間帯に多くの車が走っているからだ、と述べた。人々は一日の終わりに疲れてしまう傾向にある。

The acting national road policing manager, Rob Morgan, said the figures showed crashes could happen at any time.

アクティングナショナルロードポリシングマネージャー、ロブ・モーガンは、交通事故はいつでも起きることを示していると述べた。

"Driving is a task. Driving is something to concentrate on doing. You can't be doing your hair in the mirror, gazing about you or talking on your cellphone."

運転は任務である。運転は何かをしている動作に集中することだ。あなたはあなたの髪を鏡に映し自分をみつめたり、携帯電話で話したりはできない。

One of the biggest concerns was drugs and alcohol continuing to be a factor in crashes, he said.

大きな懸念のひとつとしてアルコールと薬物を要因とする交通事故が継続していることだ、彼は述べた。

Alcohol or drugs featured in 121 fatal crashes, resulting in 142 deaths – 37.9 per cent of all deaths, the highest percentage since 1994.

アルコールまたは薬物が絡んだ致命的な事故は121件で、142人が死亡する結果となっている - これはすべての死者数の37.9%を占めており、1994年から記録された中で最も高い割合いなっている。

New Zealand is on track to record its lowest road toll this year since records began. The toll at the end of September was 208, compared with 278 last year.

記録を始めてからニュージーランドは最も死者数が少ない水準を記録している。9月末までの記録で208人で、同じ時期と比較すると去年は278人だった。

BY THE NUMBERS

数字でみると

In 2010 there were: 337 fatal road crashes 10,549 injury crashes 375 casualty deaths 14,031 casualty injuries

2010年において:致命的な交通事故が337件、怪我を伴う交通事故が10,549件、事故による死者数が375件、事故による傷害数が14,031件


ニュージーランドの中央分離帯のない郊外の道路は事故の危険性が高く、巻き込まれる事故が最近増えているので、注意が必要です(すでに数件の死亡事故あり)。コツのひとつとして、なるべく車1台だけで走らないよう前の車の流れに沿うように走ること、昼間でもライトをつける、少しだけ左よりに走る、対向車がきたら細心の注意を払うなど、相手の運転を過信しない心がけを。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/motoring/5959054/Drivers-at-worst-on-way-to-work

0 件のコメント:

コメントを投稿