2011年11月22日

坑内の爆発を心配していたオペレーター

パイクリヴァー炭鉱に去年の7月から働いていた日本人エンジニアの方が裁判で貴重な証言をされています。

The former hydro-mining operator at Pike River says he left the mine after only three months because he was worried it could blow up.

以前パイクリヴァーで3ヶ月だけ働いていたハイドロマイニングオペレーター(水圧を使って石炭を掘り起こす作業のオペレーター)がt炭坑が爆発するかもしれないことを心配して会社を去ったと証言している。

Masaoki Nishioka from Japan was giving evidence at the Royal Commission into the explosions in the West Coast mine last November that killed 29 men.

日本から来ていたマサオキ・ニシオカさんは、去年11月にウェストコースト炭坑で29人が亡くなった爆発事故を調査しているロイヤルコミッションへ証拠を与えようとしていた。

With 40 years' international experience, Nishioka is an expert in hydro mining where a jet of high-pressure water is used to break up the coal face.

海外で40年の経験を持つニシオカさんは、高水圧のジェットで石炭の表面を破壊するハイドロマイニングの専門家。

This is a complex process, and like all underground mining, is dangerous because methane gas seeps out of the coal.

これは複雑な手法で、そして、すべての地下鉱山のように、メタンガスが石炭から染み出るため、危険な作業である。

Nishioka told the Commission he joined Pike River in July last year and wasn't impressed.

ニシオカさんは、コミッションへ、7月にパイクリヴァーに参加し、良い印象がなかったと話した。

I did not see any strong leadership, neither strong management," he said.

強いリーダーシップも、強いマネージメントも、それほどみられなかった、彼は述べた。

One month before the November 19 explosion, Nishioka left Pike River because he was worried it could blow up at any stage.

11月19日の爆発の1ヶ月前、ニシオカさんはパイクヴァーを去った、なぜなら、彼は炭坑が爆発するかもしれないことを心配していた。

He said his reasons for leaving were high methane levels around the hydro monitor, pressure to produce more coal, inadequate gas drainage, inadequate ventilation and the fact there was no second exit for workers.

彼は、彼の退社の理由は、ハイドロモーターのまわりに高い濃度のメタンガスがあったこと、もっと石炭を生産するよう圧力があったこと、不適切なガスの排出、不適切な喚起システム、そして、従業員のための2番目の非常口がなかったからだ、と述べた。

Nishioka said he told management his concerns but did not believe they had the ability to fix the problems, so he left.

ニシオカさんは、彼の懸念をマネージメントへ伝えたが、彼らは問題を完全に修理する能力があるとは信じなかったため、ゆえに、彼は会社を去った。

Nishioka told the Commission several members of the management team put pressure on workers to produce more coal, even though methane levels were high and the ventilation system wasn't working properly.

ニシオカさんは、コミッションへ、マネージメントチームのメンバーの数人から、従業員へもっとたくさん石炭を掘り起こるように圧力を掛けられていた、と話した、ただし、現場のメタンガスの濃度は高く、喚起システムが適切に働いていなかったにもかかわらず。

And he said when Peter Whittall, who was the Pike River Coal chief executive, offered staff bonuses, the pressure was even greater.

そして彼は、パイク・リヴァーコールのチーフエグゼクティヴ、ピーター・フィットール氏が、スタッフへボーナスをオファーしたとき、増産への圧力はさらに強まっていた、と述べた。

Outside the hearing, Bernie Monk, spokesperson for families of Pike River victims, said he thinks ventilation, inexperience and the rush to get coal was the issue "all the way through" at Pike River.

公聴会の外で、パイクリヴァー遺族のスポークスマンのバーニー・モンクが、彼は、喚起システム、未熟、そして、急いで石炭を掘り起こそうとしていたこと、パイクリヴァーでのすべての作業が問題だったと述べた。

'Experimenting' with hydro-mining

ハイドロマイニングでの試掘

Earlier in the day, Solid Energy underground mines general manager, Craig Smith, told the Commission Pike River Coal was ill equipped to use the risky method of hydro-mining, a technique they were experimenting with.

当初、ソリッドエナジーの地下鉱山ジェネラルマネージャー、クレイグ・スミスは、コミッションへ、パイクリヴァーコールが傷ついた装備でハイドロマイニングの危険な方法を使って試掘をしていたと述べた。

Smith, said the hydro mining method carries with it serious gas hazards which need to be minimized.

スミスは、ハイドロマイニングの方法は、深刻なガスの危険を最低限にすることができて初めて進められる、と述べた。

He said issues can arise with controlled roof collapses after extraction, which can lead to higher levels of methane being pushed into the main body of the mine, and elaborate ventilation and gas monitoring is essential.

彼は、爆発で吹き飛んでしまった、制御されていた屋根とともに問題を提起することができ、それは、鉱山内部の主要なところへ高濃度のメタンガスが押し流されており、精巧な喚起システムとガス監視が必要だったことを示している、と述べた。

Smith said that after a visit to Pike River to assess its operation, it was clear employees were out of their depth.

スミスは、作業の評価のためにパイクリヴァーを訪問したあと、現場にいた作業員の能力ではどうにもならないことが明らかだったと述べた。

He said Pike River Coal was trying to extract coal without fully understanding the conditions or investing in necessary development and infrastructure.

彼は、パイクリヴァーコールは、状況を完全に理解しないまま、または、必要な開発とインフラの投資をしないで石炭を掘り出そうとしていた。

Pike needed more information about hydraulic mining and advice on how to improve production, Smith said.

パイクはハイドロリックマイニングについてたくさんの情報と、生産をどのように改善するかアドヴァイスが必要だった、とスミス氏は述べた。


ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/pike-operator-worried-mine-could-blow-up-4558955

0 件のコメント:

コメントを投稿