2011年12月11日

ミニヘッドライン 2011/12/11

日曜日の記事から。

ほとんどのキウィの生活の一部になっているインターネット

Scepticism of the internet has all but disappeared in New Zealand, as users now prefer the web to any other source of information, confidently buy and sell goods, and increasingly create real relationships from online connections.

オークランド大学の調査によると、ほとんどの人々がインターネットから情報を得ることを好み、物を買ったり売ったりすることに物怖じせず、オンラインで人々との関わりを求めている人々が増加している傾向を示していることが明らかになっています。記事元にまとめの数字があったのでそれを簡単に。

* 86 per cent of New Zealanders use the internet, up from 79 per cent in 2007

* 86%のニュージーランドの人々はインターネットを使っており、2007年の79%が増加している。

* 91 per cent of internet users have a broadband connection

* 91%のインターネットユーザーはブロードバンド(接続)を持っている。

* 27 per cent of internet users have a smartphone, up from 7 per cent in 2007

* 27%のインターネットユーザーはスマートフォンを持っており、2007年の7%が増加している。

* 40 per cent of internet users look up the definition of a word every week

* 40%のインターネットユーザーが言葉の定義を毎週調べている。

* 59 per cent surf the web daily

* 59%の人々が毎日ウェブサーフィンをしている。

* Maori, Pasifika and Asian ethnicities are more likely to 'make friends' online than NZ Europeans

* マオリ、パシフィック、そしてアジアの人々は、ニュージーランドのヨーロピアンよりも友人を得るためにオンラインを使っている。

* 64 per cent of internet users belong to a social networking site, with 96 per cent preferring Facebook

* 64%のインターネットユーザーがソーシャルネットワーキングサイトに参加しており、うち96%がフェイスブックを好んで使っている。

* Telecom's share of internet connection has fallen to 49 per cent, with TelstraClear taking 16 per cent, Vodafone 13 per cent, Slingshot 9 per cent and Orcon 5 per cent

* インターネットプロヴァイダーにおいて、テレコムのシェアが49%へ減少しており、テレストラクリアが16%、ヴォーダフォンが13%、スリングショットが9%、そして、オルコンが5%のシェアを持っている。


地震の診断士へ$144ミリオンも払っていたEQC

A $144 million spending binge on contractors to assess damaged houses in Christchurch has outraged residents, but Earthquake Recovery Minister Gerry Brownlee says it "is what it is". Figures obtained by the Sunday Star-Times show the Earthquake Commission spent $144,528,907 on contracted assessors to inspect damage from September 4, 2010, until September 30 this year. The commission said it contracted 814 assessors in that time, 95 from Australia, meaning the $145.5m bill averaged out to more than $177,000 per assessor in just over a year. Although the amount includes food, flights and accommodation costs for out-of-town assessors, it was much larger than the standard salary expectation. Recruitment company Hays' 2011 salary guide listed the expected salary of an insurance loss assessor in Christchurch or Wellington at between $55,000 to $80,000 a year, with seniors expected to earn $70,000 to $100,000.

同じネタですがNZヘラルドが詳細を掘り起こしています。クライストチャーチの震災で損傷した住宅を評価する診断士へ$144ミリオンもの資金が投入されていたことが明らかになっていますが、問題はその内訳です。2010年9月4日から2011年9月30日の一年間でオーストラリアからの95人を含む814人の診断士と契約し、一人当たりの費用として$177,000が充てられており、(市内に住むところがない診断士の場合)これには、食費、交通費、宿泊費用、などが含まれているものの、通常の給料よりもはるかに良い待遇で雇っていたことが暴露されています。クライストチャーチ、またはウェリントンで同じような業種の年収は$55,000から$80,000、シニアでも$70,000から$100,000までの年収のため、少なく見積もっても倍近い収入を得ていたようです。ただし、記事ではコントラクトの中間搾取には触れていないので、そのあたりも気になります。


ウェリントンで暴行を受けた男性が死亡

Police say they are investigating a homicide after the victim of a serious assault in central Wellington died in hospital this afternoon. The victim is 43-year-old Radio New Zealand journalist Phillip Cottrell. Radio New Zealand spokesman John Barr said the matter was in the hands of the police, but expressed concern that the incident had happened during daylight on a public street. He confirmed Mr Cottrell worked as a bulletins editor for Radio New Zealand. ''We would like to hear from anyone who saw or heard anything suspicious in the vicinity of Boulcott Street between 5:30am and 6:15am.''

ウェリントンのボウルコットストリートで暴行された43歳の男性が搬送先のウェリントンホスピタルで死亡したようです。彼はラジオニュージーランドの編集者だったと報じています。ラグビーワールドカップ開催中のウォーターフロントでも同じような事故がありましたが、またも被害者が死亡してしまう悲劇が繰り返されています。この事故では、目撃者がいないため、警察が昨日の朝5時30分頃から6時15分頃、Boulcott Streetで不審者を見かけなかったかどうか、情報の提供を公共へ求めています。もし何か心当たりのある方は警察まで連絡を。


河口で発見されたヘレンズヴィルで行方不明だった3歳児

The body of Tamar Ihaka, the 3-year-old girl who went missing from her Helensville home, has been found in an estuary. She was believed to have drowned after she disappeared from her home shortly before 1pm this afternoon. Tamar's body was found after a search by police, the Coastguard and members of the local community.

今日の午後1時頃ヘレンズヴィルの自宅から行方不明になっていた3歳女児が河口で発見されたようです。地元の人々、コーストガード、そして警察などが捜索にあたっていたようです。なぜかこの類の事故もたびたび報道されますが、川を知らない子供が川の流れをみると怖がるはずなのに、物心つかない3歳児がなぜ溺れ流されるところまで川へ入ろうとするのか(恐怖心がない?)、この点がずっと気になっていることがひとつ、そしてもうひとつは、その事故を未然に防ぐために、子供へ一切川へ入らないように親が教えておくべきなのかどうか。恐怖を教えるために川へ近づけたばっかりに、事故の原因になる可能性を否定できないので、結局何もできないまま放置してしまうか、または、自分の子供は川に近づかないと過信している保護者が多いのではないかと思います。


列車が車と衝突し車内の女性が死亡

A woman is dead after the car she was driving was hit by a train on an uncontrolled level crossing near Levin, police say. The crash happened just after 7.05pm tonight on the crossing near the intersection of Jacksons and Koputaroa roads, north of Levin. The 500m long freight train, which was heading towards Palmerston North, braked immediately but travelled about 600m before coming to a complete stop mid-way between the Jacksons Road and Tavistock Road level crossings.

レヴィンの北にあるコプタロアロードにある踏み切りで立ち往生していた車が貨物列車と衝突し車内にいた50歳代の女性が亡くなったようです。貨物列車は現場の車を発見して緊急ブレーキを試みたようですが間に合わなかったようです。これもたびたび報道される事故で、もし車を運転していて踏み切りで車が止まった場合は、まず車から降りて、列車が来ていないか、前後から車が来ていないかどうか、まわりの状況を最初に確認をしたほうが安全かもしれません。止まったときに、あせって車を動かそうと躍起になっていると、列車が来ていることに気づくことが遅れ、そのまま車ごと列車に衝突するケースが少なくないようです。


患者から病院のスタッフへ感染した結核

Nelson Hospital staff have tested positive for tuberculosis (TB) after caring for a Nelson man who was found to have the disease following his death last month. The Public Health Service was notified of a case of TB last month after a Nelson man, aged in his 70s, died. Medical officer of health Jill Sherwood said the man died from other conditions, which lowered his immune system allowing latent or inactive TB to become active. The man had been in a ward in Nelson Hospital, and about two or three staff had since tested positive to latent TB, she said. More staff who may have been exposed to the man were still being tested, and others would be re-tested.

ネルソンホスピタルで結核で搬送されのち死亡していた70歳の患者を介護していたスタッフへ結核検査を実施したところ、2、3人において陽性の結果がでたことから、他にも感染者がいたかどうか、現場にいた他のスタッフへ再検査を実施するようです。死亡した70歳の死因は結核が直接の原因ではなく他の病気や免疫システムなどの低下が原因ではないかとみられています。


2degreesが苦情を提出したテレコムの新機種のシムロック

2degrees, the country's newest mobile operator, complained to the Commerce Commission after Telecom said it would impose "sim-locking" on customers of its new Skinny brand. 2degrees asked the Commerce Commission to obtain assurances from all New Zealand mobile operators they will not sim-lock their handsets. "This is not about better handsets - improved competition is already driving down the cost of feature-rich smart phones," said Eric Hertz, chief executive at 2degrees. "This is a cynical move to lock in the most cost-sensitive consumers so they can't make a choice," Hertz said. Telecom confirmed it will lock the phones of customers who buy its planned 'Skinny' product, forcing them to pay a fee if they want to leave. Customers on its XT network are exempt. Hertz said customers should have the right to move between providers.

テレコムが発売した新しい携帯電話はシムロックが掛けられており、2degreesがコマースコミッションへニュージーランドで販売されている携帯電話にシムロックをつけさせないように呼びかけています。さらに、顧客がテレコムの回線から去る場合は強制的に料金を支払わなければならず、顧客が違うプロヴァイダーと契約することを阻害していると指摘しています。テレコムがスマートフォンの発売と共になぜシムロックを付加したのか、正当な理由があるなら聞いていみたいように思います。



ハッカーがオンラインアプリケーションの記録を消去

The online job applications of hundreds of people who applied for work within the Waikato District Health Board have been lost in what appears to be a targeted hacking attack. Hackers got into a server, which handles online forms and online purchasing/shopping for Hamilton-based Digital Stream, hosts for Waikato DHB's website. It means anyone who applied for a job online from Monday until yesterday will need to re-submit their application via email.

ワイカトディストリクトヘルスボードの求人へ申請していたオンラインアプリケーションがサーヴァーに侵入したハッカーによって消去されたようです(書き換えではなく消去なのでハッカーの仕業かどうかは定かではないですが。笑)。月曜日から昨日までに申請した方は、再度メールを使用して申し込む必要があるようです。もし心当たりのある方は、メールで問い合わせを。


自分たちの権利を守るために.xxxのURLを取得する人々

The .xxx internet domain opened up for general registrations on Wednesday. ICM Global, the US company responsible for administering the new domain, has confirmed it has pre-emptively removed from registration URLs that relate to 4000 public figures, including juliagillard.xxx, sarahpalin.xxx and obama.xxx. A further 80,000 URLs were taken off the market during a two-month period before Wednesday's general launch when copyright holders could pay $200-$300 to register a domain to prevent others from using their brands. Among those who did so were many of the ASX Top 20 Companies. These are what the industry calls "defensive" domain registrations: people and organisations who have signed up for a URL to prevent someone else from using it in a way that might damage their reputation.

アダルトサイトを規制するために新たに用意された.xxxのドメインの取得に人々が殺到しているようです(ドメイン取得にかかる費用は$200-$300)。このドメイン名の争奪戦は、アダルトサイトを製作しようとしている人々だけでなく、世間に広く認知された企業名や個人名のドメイン名を取得しようとしている個人の人々もたくさんいるようです。それにより、明らかに著作権を侵害する可能性のある公共に関連するURLなど4000はリストから除外され(ジュリアギラード.xxx、やオバマ.xxxなど)、さらに8万件のURLが2ヶ月ほど保留されるようです。

New Zealand companies have been quick to act, with such brands as trademe.xxx and allblacks.xxx already taken.

別の新しい記事をみると、ニュージーランドの団体や企業がこの.xxxのURLの取得を開始しています。例えば、ニュージーランドラグビーユニオンがallblacks.xxxを、トレードミーもtrademe.xxxをすでに購入したようです。


ルパード・マードックのニュースメディアの盗聴被害者数が800人

British police said Saturday the final number of victims of phone hacking by Rupert Murdoch's News of the World will be around 800 people, far fewer than originally thought. The Scotland Yard officer leading the investigation into the scandal at the now-defunct tabloid said police had been in touch with everyone whose mobile phone voicemails were illegally accessed. As late as a month ago Scotland Yard had said it identified 5,800 potential hacking victims, based largely on names found in the notes of Glenn Mulcaire, a private investigator jailed for phone-hacking in 2007.

ルパード・マードックが所有していたニュースオブザワールドが盗聴していた電話の被害者がおよそ800人にも上ることがブリティッシュ警察によって明らかにされています。これは当初スコットランドヤードが特定していた被害者数5,800人よりもかなり少なくなっています。いま思えば、彼がこの電話で得たのは”ゴシップ”だけではあり得ないような気がします。



リンジー・ローハンが話す彼女が育ったプレイボーイ

Actress Lindsay Lohan, in her first interview since being sent to jail last month for a probation violation, tells Playboy that she has learned to be accountable for her mistakes. The Mean Girls star told the magazine in an interview accompanying her 10-page nude pictorial that during the past five years she's come to understand "that ultimately we are responsible for ourselves and our own actions".

リンジー・ローハンが刑務所へ送られようとしていた先月から初めてインタヴューに答えています。彼女は、”究極的にいえば、人々は自分の行動に責任を持たなければならない”、と話しています。20歳を過ぎて何を寝ぼけたこといっているのか、という思いは置いといて、彼女がなぜあのような一連の犯罪行動にでたのか、この一言で謎が解けたような気がしました。彼女の取り巻きとお金があれば(他の無罪になったセレブと同じく)自分が犯したどんな犯罪でも帳消しにできると考えていたふしがどこかにあったようなそんな気がします。


$18ミリオンの遺産を相続した猫

An Italian cat named Tommasino has become the third richest animal in the world. Maria Assunta died last month aged 94 and left her fortune to the stray cat she found and looked after because she loved animals. Tommasino is worth $18 million. The richest animals are a German shepherd and a chimpanzee.

イタリアに住むお婆さんが94歳で亡くなり彼女が持つ資産$18ミリオンが彼女が飼っていたトマシノ(Tommasino)へ相続されたようです。お金を引き出すことができるのかどうか、ちょっと気になります。


クイーンズランドカウンシルがヘリウムガスの風船を禁止

Conservationists have applauded a Queensland council's decision to ban the release of helium balloons. The Sunshine Coast Regional Council says the ban is part of its war on litter. People will still be allowed to have helium balloons, but if they're caught deliberately letting them go, they could be slapped with on-the-spot fines. James Cook University's Mark Hamman, whose research is focused on marine and freshwater wildlife, said it was a win for the environment. "It's going to reduce marine debris - we know marine animals eat plastic and die from it," Dr Hamman told AAP. The council will undertake an education campaign about the new ban, and fines will be imposed after that.

クイーンズランドでヘリウムガスが封入された風船を飛ばすと罰金を支払う法律が可決されています。ヘリウムガスが封入された風船は空高く舞い上がり、そのほとんどが河川や海洋に落下し、魚などが風船を食べて死亡するなど生物の生態系を破壊していることから、環境保護の一環としてヘリウムガスが封入された風船を禁止することになったようです。で、ヘリウムガスの風船を作った時点で罰金ではなく、ひもがつながっている間は対象とならず、風船がひもから外れ空中へ放たれた瞬間に、罰金の対象となるようです。しばらくの間は、人々へ”ヘリウムガス風船”教育キャンペーンを実施しなぜヘリウムの風船が禁止されるのかを説明し、そのあとこの罰金が施行されるようです。


Stuffが選んだ2011動物トップ10

From a lost penguin to a soothsayer sheep, the animal kingdom has provided a series of eye-catching headlines in 2011.

フェアファクスメディアのStuff(スタッフ)が選んだ2011年の動物トップ10が選ばれています。

1. HAPPY FEET

いわずと知れたカピティコーストに突然上陸した皇帝ペンギンです。

2. THE TSUNAMI DOG

東日本大震災に海に浮かぶ屋根の上で漂流していたあの犬です。

3. MANUKURA THE WHITE KIWI

マウントブルースで生まれた白いキーウィです。

4. SAUSAGE THE RIOT DOG

ギリシャの暴動のときに人々と共に戦っていた犬です。

5. BABY LA PLATA DOLPHIN

赤ちゃんイルカです。

6. CHRISTCHURCH SEARCH AND RESCUE DOGS

クライストチャーチの捜索・救出で活躍した犬です。

7. THE MILKY BAR SNAIL

白いカタツムリです。

8. PHOENIX THE TURTLE

火事の現場となった水族館で奇跡的に助かった亀です。

9. OILY FEET

タウランガ沖で座礁した貨物船のオイルまみれになった鳥です。

10. SONNY WOOL

ラグビーワールドカップで予想を的中させていた”超能力”羊です。


(注:それぞれの写真が記事元に写真が掲載されています)

.

0 件のコメント:

コメントを投稿