2012年1月19日

ミニヘッドライン 2012/01/19

木曜日の記事から。

公共の屋外でも禁煙が呼びかけられるオークランド

Auckland health officials want a city-wide smoking ban in outdoor public places. The move is designed to stop children picking up the habit. Andy Roche and Dr Lavinia Perumal of Auckland Regional Public Health Service are spearheading the proposal. And it is being backed by all three district health boards. They also want the council to consider banning smoking in Auckland's CBD and other town centres. The proposal states they are disappointed there is no commitment to having smoke-free public spaces in the Council's Draft Plan. They say the ban would protect children from second-hand smoke and ultimately prevent the uptake of smoking among young people.

オークランドのヘルスオフィシャルがオークランド市全域の公共の屋外の場所においても禁煙を働きかけているようです。また、オークランドCBDと他の地方都市の中心街でも禁煙を望んでいるようです。この禁煙により、子供たちをセカンドハンドスモーク(受動喫煙)から守り、若い人々の間での喫煙の習慣を防ぐことにもつながるとみているようです。もし、いまでも喫煙を続けている方、早めにやめたほうが賢明です。早かれ遅かれ、ニュージーランドは近い将来タバコをなくすことを表明しているので、いずれ、吸える場所がなくなります(笑)。


ウィキィペディアの抗議に参加したニュージーランドのウェブサイト

At least two New Zealand websites are blacked out in protest at proposed US anti-piracy laws. Internet NZ and the Creative Freedom Foundation have joined Wikipedia, the world's free online encyclopedia, which has blacked out its English page, and Google which has blotted out its logo. A number of New Zealand websites are planning similar protests, Newstalk ZB reported. Internet New Zealand chief executive Vikram Kumar said the aim is to get people, particularly in New Zealand, interested in the issue.

アメリカ合衆国の著作権法案に抗議するため一時閉鎖している(英語版)ウィキィペディアを支援するため、少なくとも2つのニュージーランドウェブサイトがサイトの閲覧を制限し、抗議活動をしているようです。ニュージーランドにある他のサイトもこの抗議活動を追随することが計画されているようです。


マグニチュード5.8の地震が南島南部沖で発生

A shallow, 5.8 magnitude quake has been felt in the lower South Island. The offshore quake struck at 7.48pm and was 12km deep. It was centred 220km west of Invercargill and 390km west of Dunedin. More than 450 people from across the lower South Island have reported feeling it on the GeoNet website .

今日の午後7時48分頃、インヴァーカーギルから西へ220km、ダニーデンから西へ390km、深さが12kmの地点でマグニチュード5.8の地震が計測されています。南島南部で体感できる揺れがあったようですが、怪我人や被害等はいまのところ報告されていないようです。


危険種として登録されていなかった3歳男児を襲った犬

The Ashburton District Council says a dog which attacked a three-year-old boy was not classified as menacing or dangerous in any form. The boy is in a critical condition in Christchurch Hospital after the attack by a family member's pet in a lounge at an Ashburton address yesterday afternoon. It appears the Doberman-Staffordshire-Pitbull cross was trying to get chocolate the boy was eating. It bit him in the throat.

昨日アシュバートンでチョコレートを食べていて咽喉下を飼い犬に噛まれた3歳男児の事故の続報で、この犬はドーベルマン・スタッフォードシャー・ピットブルで、ピットブルの犬種が混じっていたにも関わらず、(いずれかの)危険犬種として登録されていなかったことが明らかにされています。ただし、専門家はこの犬種が主な攻撃の要因ではなかったとみているようです(ちょっと遠まわしな表現ですが、幼児側に犬を挑発する何かがあった可能性を指摘しているように見えます)。噛まれた男児はいまだに病院で深刻な容態にあるようです。


ターゲットにされるタバコを吸っている教師

Researchers in a smoking study say teachers - particularly early childhood Maori language teachers - should be targeted to quit smoking. The Otago University study shows 45% of pre-school Maori language teachers are smokers, almost double the national rate, and three times higher than the average for workers in so-called "role model" occupations. That has sparked concerns their influence might rub off on students, even as youth smoking rates drop.

オタゴ大学の調査によると、プレ・スクールのマオリ語の先生の45%に喫煙の習慣があり、これは全国平均の倍の率で、模範となるべき職種で働く人々の平均よりも3倍も多い喫煙率であることが明らかになったようです。特に、この禁煙のターゲットにされているのは保育園・幼稚園の先生で、子供に喫煙習慣の影響を与えかねないことから矢面に立たされているようです。


再開するメタノール製造工場で増える求人

A new decade-long gas supply agreement between Todd Energy and methanol manufacturer Methanex New Zealand is set to inject $860 million into the national economy. Todd Energy's Mangahewa field in North Taranaki will supply the bulk Methanex's mothballed plant north of New Plymouth for the next 10 years from July. The deal will need major expansion of Todd Energy's McKee plant, and may see up to 25 new gas wells. "The appraisal and development of the Mangahewa field is an exciting prospect that we expect will have positive implications for the regional economy and the wider national interest," Todd Corp chief executive Jon Young said in a statement.

メタノールを製造するメサネックスニュージーランド(Methanex New Zealand)がノースタラナキにあるトッドエナジーマンガヘワへ$860ミリオンを投じ、7月から向こう10年間メタノールの生産をすることが決定したようです。これにより、トッドエナジーが拡張する必要があり、新しい採掘所を25ほど開発する可能性があるようです。ただでさえ地下資源の豊富なタラナキ地方に、さらなる追い風が吹き始めているように思います。


過去最高の輸出額を更新したフォンテラ

Fonterra says it has broken its own record for the highest export month, helping to boost New Zealand's economy by $1.3 billion last month. The dairy giant said it loaded 246,000 tonnes of dairy products onto ships during December, overtaking the previous record of 229,000 tonnes of product recorded last March. Fonterra's exports now account for more than a quarter all New Zealand exports.

先月、酪農最大手のフォンテラの輸出額が過去最高の$1.3ビリオンを記録しニュージーランド経済を牽引することが期待されています。輸出量は、去年の3月に過去最高の22万9千トンを記録していましたが、12月には記録をさらに更新する24万6千トンにまで増えたようです。驚かされるのが、この輸出額は、なんと、ニュージーランドの総輸出額の4分の1以上を占める規模に達しているようです。世界中の経済が低迷しているなか、堅調に成長を続けている点で学ぶべき企業のひとつのように思います。


クライストチャーチで製造ラインを増やしたコカ・コーラ

Coca-Cola Amatil has opened its new bottle production line at the company's plant in Christchurch. Officially opened by Earthquake Recovery Minister Gerry Brownlee, the Woolston-based plant produces drinks including L&P, Pump, Coca-Cola, Coca-Cola Zero and Powerade and employs 140 staff. The plant, which was first established in 1973, now boasts "blow-fill" bottle technology. The blow-fill production line will produce 16,000 bottles an hour and reduce the carbon footprint of every bottle by 20%. Coca-Cola Amatil has invested $15 million in technology which allows the plant to make plastic bottles using fewer raw materials. The company has invested around $9 million into repairing the building after Christchurch's earthquakes, according to Coca-Cola NZ managing director George Adams.

コカ・コーラ・アマティルがクライストチャーチのウールストンにボトルの新しい生産ラインをオープンしたようです。この工場は1973年に建てられ、現在ブロウーフィル生産(吹き込みながら飲料を充填する手法)により1時間あたり1万6千本のボトルを生産し、ボトル一本あたり20%のカーボン・フットプリント(二酸化炭素排出量)を減少させることが可能になったようです。今回、コカ・コーラ・アマティルが$15ミリオンを製造技術へ、$9ミリオンをクライストチャーチ地震で損傷した建物を修理するために投資したと報じています。この工場では、140人のスタッフが働いており、L&P、ポンプ(水)、コカ・コーラ、コカ・コーラZERO、そして、パワーエードが生産されているようです。ちなみに、NZヘラルドの記事では総額$29ミリオンがクライストチャーチへ投入されたと紹介されています。


メリディアンエナジーがオタゴの風力発電建設から撤退

Meridian Energy has pulled the plug on a $2 billion plan to build a wind farm in central Otago. With up to 176 wind turbines, the $2 billion project on the Lammermoor Range would have been the biggest power project in the South Island since the 1980s.

メリディアンエナジーが、$2ビリオンを投入し176機の風力発電施設をセントラルオタゴに建設する計画から撤退したことが公表されました。他の事業を優先するようです。


UKの営業から撤退するパンプキンパッチ

Pumpkin Patch, the children's clothing retailer, will quit its United Kingdom operation, appointing administrators to the unit and flagging restructuring costs as high as $32 million. The retailer, which abandoned the US last year, says its 36-store UK operation hasn't made an acceptable return and chief executive Neil Cowie said "it would continue to make losses for some time to come." Because of the dour outlook, the store has appointed administrators who may have to shut the stores if no alternatives can be found.

幼児・子供用衣服の大手、パンプキンパッチがリストラのコストが$32ミリオンほどかかることから、UKから撤退することが報じられています。去年はUSから撤退しており、物凄い勢いで縮小していることがみてとれます。ちなみに、この撤退のあとでNZXが上げているようです。


建設反対の意見が向けられるオークランドの15階建ての売春宿

Church and heritage campaigners are urging the Auckland Council to reject plans for New Zealand's first high-rise brothel complex. Auckland Catholic Bishop Patrick Dunn called for the council to examine policies allowing such activities in the city's heart, and heritage advocate Allan Matson said the plans made a joke of Auckland's high international ranking. Catholic diocese spokeswoman Lyndsay Freer said the brothel would be a blight on the landscape. "This is the wrong kind of activity in the city - 15 levels of sexual titivation and activity of one kind or another. Bishop Dunn said: "Our city cannot expect to be a beautiful, family-friendly place when the council allows the proliferation of such dubious activities. "We are seeing the development of a decidedly tacky culture."

教会や文化的遺産の運動家たちがオークランドカウンシルへ、ニュージーランド国内で初めて建てられる大規模な売春宿の建設を却下するよう呼びかけているようです。計画されているのは15階建ての売春宿で、場所はスカイシティの交差点の反対側のところです(75 Victoria St West)。建てようとしている場所があまりに露骨で、風営法や迷惑防止条例など、それを防ぐ法律があってしかるべき問題のように思います。


環境汚染を防ぐために禁止されるオープンファイヤー

The age-old crackle and glow of a fireplace in Auckland homes could be consigned to history - the council has been advised to ban open fires to solve the city's $700 million air-pollution problem. The Auckland Council's environment and sustainability forum has recommended laws banning open fires for domestic heating from 2014, and requiring people who buy homes with inefficient wood-burning fireplaces to upgrade them. There are about 78,000 old woodburners and 26,000 open fires in Auckland homes. These changes would help the council to meet a national emissions reduction target of 58 per cent by 2016.

オークランドの$700ミリオン相当の大気汚染を解消するため、オープンファイヤーの使用禁止がカウンシルの議題にあがっているようです。オークランドカウンシルエンヴィロンメントアンドサステインビリティフォーラムにおいて、木を燃やして部屋を暖める熱効率の悪い暖炉が設置された家を購入する人々へ、他の効率のよい暖房器具に取り替えることを要望することが明記された法律を2014年から適用することを奨めているようです。現在、オークランドに古いウッドバーナーが設置された家が7万8千棟、オープンファイヤが設置された家が2万6千棟もあるようです。これらが効率のよい暖房器具に変えられると、カウンシルが目標としている2016年に国の排気ガス削減の58%に達することを容易にすることができるようです。クライストチャーチはその大気汚染が深刻だったことからかなり前から暖炉が規制されていますが、近いうちに全国的な規模で規制される案件になるように思います。


世界で最もオンラインでのいじめが横行しているオーストラリア

Kiwi parents should be worried by a study naming Australia as the world's worst place for cyber-bullying on social networking sites, say experts. A survey of 24 countries by Ipsos Social Research Institute found almost 9 in 10 Australian parents said their child or another they knew in their community had experienced harassment on sites like Facebook. The figure was much higher than the global average of six in 10.

イプソスソーシャルリサーチインスティトゥートが24カ国を対象に実施した調査によると、オーストラリアの10人の保護者のうち9人が自分の子供または地域で知っている子供がフェイスブックなどのサイトでいじめを経験していると回答しているようです。世界平均は10人のうち6人で、オーストラリアはかなり高い数値を示していると指摘されています。


サメに襲われたオーストラリアでタトゥーアーティスト

Glen Folkard was catching waves off Redhead Beach, south of Newcastle, on Wednesday afternoon when the shark dragged him under, slicing his leg open and taking a chunk from his surfboard. The 44-year-old, known as Lenny, fought his way free and with the help of mates began paddling back to shore. Witnesses described how, as Mr Folkard trailed blood, the fish appeared to circle, possibly readying itself for a second attack. "It was definitely coming around again, you could see the fin and he (the shark) looked ready to attack," surfer Tony Constance told AAP. Others likened the attack to something from the Jaws films. "It was kind of like Jaws, you know, the scene at the start ... where everybody's pulled out of the water and it's a hot day and the water's inviting," another witness, named only as Peter, told Fairfax.

ニューキャッスルの南部でサーフィンを楽しんでいたタトゥーアーティストが、足をサーフィンボードもろともサメに噛まれてしまったことが報じられています。目撃者によると、被害者のまわりを背びれが周回し、まるでジョーズの映画のようだった、と描写されています。ここ最近、オーストラリア沿岸でサメの事故が増えているので、サーフィンをされる方はくれぐれも注意を。


キム・ジョム・ウン政権が崩壊することを指摘したキム・ジョム・ナム

The eldest son of the recently deceased dictator Kim Jong Il thinks that the North Korean regime will soon collapse, according to a book to be published this week. Kim Jong Nam, who was once thought to be his father's preferred successor as leader of the communist state, also criticises the rule of his half-brother, Kim Jong Un, calling him a "nominal figure". The book, which will be eagerly scrutinised by North Korea watchers starved of reliable information about the regime's inner circle in Pyongyang, is written by a Japanese journalist Yoji Gomi who says he carried out a lengthy email exchange with Kim Jong Nam over a period of several years. Its publication comes just a month after the death of Kim Jong Il, who had ruled the secretive country since 1994. Kim Jong Nam spends most of his time in Macau after being banished from North Korea following an incident in 2001, when he was caught trying to enter Japan on a fake passport, allegedly to visit Disneyland.

北朝鮮の動向がニュージーランドでも報じられています。要約すると、キム・ジョン・ナムと数年にわたってメールでやりとりしていた日本人のヨージ・ゴミ氏が書いた本の中で、キム・ジョン・イルの長男キム・ジョン・ナムが、キム・ジョン・ウン政権はまもなく崩壊するだろうと考えていることが指摘されているようです。キム・ジョン・ナムは2001年からほとんどマカオで過ごしており、日本のディズニーランドへ行くために偽パスポートを使って入国しようとしたところ、当局に止められたことも紹介されています。彼が指摘するとおり、キム・ジョン・ナム政権になってから脱北者が増えているという噂をちらほらみかけるので、それほど長く続く政権ではないのかもしれません。


岩にヒットして正しく舵を切ったことで数千人を守ったと主張する船長

It is believed Schettino sailed the ship fatally close to land to salute certain residents of the Island of Giglio - this involved manoeuvring from the ship's programmed course. Appearing before a judge in Grosseto yesterday, Schettino was questioned for three hours and later ordered to be held under house arrest. His lawyer, Bruno Leporatti, spoke at the hearing and gave Schettino's version of the tragedy. Schettino insists that after the ship hit rocks, he acted quickly to steer the vessel closer to shore and that this "saved hundreds, if not thousands, of lives". According to Leporatti, the captain had now returned to his family home near Naples.

イタリアで座礁した豪華客船の船長が、彼がすばやく沿岸へ向けて舵を切ったことにより数百人もの乗客を助けた、もしそれがなければ数千人の被害者が出ていただろうと話しているようです。弁護士によると、船長はナポリに近い自宅に戻ったようです。沿岸警備隊との交信記録をみると、彼が真実を語っているようには思えません。


資金援助を加速させるIMF

The International Monetary Fund is seeking to boost its war chest by around $NZD740 billion to help countries reeling from the euro zone debt crisis, but some nations insist that Europe must first do more to support its ailing members, international financial sources said today. A group of 20 officials will discuss increasing IMF resources at a meeting in Mexico City on Thursday and Friday, the first under Mexico's 2012 presidency of the group of developed and emerging economies. The IMF said in a statement it will need around $NZD620 billion to lend to member countries in need, and IMF sources who were present at an IMF board meeting on the issue on Tuesday said another $100 billion is needed as a "protection buffer." The IMF also estimated there would be a $NZD1 trillion global financing gap over the next two years if global economic conditions worsened considerably, the sources added. Finance Minister Bill English confirmed in April last year New Zealand would be on board to support the IMF with funds.

IMFがNZ$740ビリオンもの資金をユーロ危機へ投入しようとしているようですが、いくつかの国は資金を投入する前に、ヨーロッパ自身が低迷している国々を支援することを最初にしなければならないと固持しているようです。IMFのステートメントでは、およそNZ$620ビリオンの借り入れが必要で、火曜日のミーティングで(衝撃から守るための)さらなるNZ$100ビリオンが必要だと述べていたようです。また、もし世界経済が悪化した場合、向こう2年間で世界経済のギャップがNZ$1トリオンになると予測しています。ファイナンス大臣ビル・イングリッシュ氏が去年の4月にニュージーランドも資金を用意しIMFを支援することを公表しているので、ニュージーランドも少なからず影響を受けそうです。


職に戻れなかった薬物パーティで解雇されたパイロット

The pilot, known only as Mr A, was fired by Pacific Blue in May 2010 after a series of investigations into alcohol-related events during his 21 months at the airline. In a ruling released yesterday, Employment Relations Authority (ERA) member James Crichton ruled Mr A was correctly dismissed but noted issues with the initial handling of an investigation into the party. The pilot had invited the crew of a transtasman flight to his flat after they landed at Christchurch in June 2009. According to the ruling, Mr A gave revellers a caffeine product called Red Alert. "All participants consumed alcohol in varying quantities (some to excess) and each of the participants was allegedly given a product called Red Alert by A." In the early hours of the next morning, a female flight attendant was admitted to hospital still in her Pacific Blue uniform showing symptoms of a drug or alcohol overdose.

パシフィックブルーのパイロットAさんが2009年6月にクライストチャーチに降機したフライトに搭乗していたフライトアテンダントをクライストチャーチの自分のフラットに招待しパーティを開き、レッドアラートと呼ばれる薬物を与えたところ、次の日の朝の早い時間に、女性のフライトアテンダントが薬物またはアルコールの過剰摂取の症状を示し、パシフィックブルーの制服を着たまま病院へ搬送されたことから事件が発覚したようです。パイロットAさんは2010年3月にパシフィックブルーを解雇され、21ヶ月にわたり訴訟を起こしていたようですが、エンプロイメントリレーションズオーソリティ(ERA)から、その解雇は妥当だったとし、彼の言い分を却下したようです。


治療できる薬物が存在しないメタンフェタミン中毒患者

Mexican tripping weed could provide an unlikely answer to helping methamphetamine users wean themselves off addictive drugs, Victoria University researchers say. The hallucinogenic weed, also known as salvia, is a legal high in New Zealand that can be bought easily online or in specialty stores. Little is known about its use or of its effects but it is believed to have a unique structure that could have anti-addictive properties, according to senior lecturer Dr Bronwyn Kivell, who is undertaking the research with help from colleague Susan Schenk. "Currently there are no therapeutic drugs to treat addiction to methamphetamine and cocaine," Kivell said. 

ヴィクトリア大学の研究者によると、ニュージーランドで合法マリファナとしてオンラインや専門店などで販売されているメキシコ産のサルヴィアという幻覚を生じさせるマリファナが持つ固有の効果がメタンフェタミン中毒者を治療するために使えると信じられているが、現在、メタンフェタミンやコカインの中毒患者を治療する効果が期待できる薬物はない、としてその説を一蹴しています。

何か他のものに依存しながら薬物をやめると長続きしないので、ばっさりやめるしか方法はなさそうです。


日焼けに見せかける商品の売上げが急増

Sales of artificial tanning products are up about 91% from a year earlier, while sunscreen sales are down about 17%, according to research agency Nielsen, while sun and sunburn remedies decreased 20%. "The weather has had a direct impact on the sale of these products," Katherine Rich, chief executive of the New Zealand Food and Grocery Council told BusinessDesk. "People just aren't getting sunburnt so they don't need the extra sun treatment."

今年のニュージーランドの天候は雨や曇天が多く、晴天の日が少ないことから、日焼けをしたようにみせる化粧品などの販売が年初からおよそ91%も伸びており、一方で、日焼け治療が20%、日焼け止めの販売が17%も減少しているようです。だから、どーしたといわれそうですが、メラノーマが怖くて日焼けをしないようにする人々が多い中、日焼け止めクリームの販売が下げているのは、ちょっと違和感を感じます。


他社の航空会社の機体に乗り込んだエアーニュージーのクルーが解雇

An Air New Zealand crew member was fired after she allegedly tried to board a rival company's plane to have a look at it - delaying the flight she was working on. Helen Watson, a flight services manager with 26 years experience, was fired last August after an internal investigation found her actions amounted to serious misconduct. Air NZ alleges Watson was waiting for a flight to Rarotonga, which she was working on, when she saw an Emirates flight at another boarding gate using a Boeing 777-300 aircraft, a model Air NZ had on order.

ニュージーランド航空の乗務員がライヴァル会社の飛行機に乗り込み解雇された珍事が起きています。その乗務員はフライトサーヴィスマネージャーで26年の経験を持ち、彼女が搭乗する予定のラロトンガの機体を待っていたとき、彼女はもうひとつの搭乗口から、エミレイツ航空のボーイング777-300へのブリッジに乗り込み、エミレイツのクルーが記載されたリストを開いたところ、エミレイツの責任者からなぜ機体に乗り込んだのか尋ねられ、彼女は:とても興味があるんだけど、それのスペルの綴りは知っていますか?と答えたようです(詳細は不明)。彼女のこの行為によりニュージーランド航空の飛行機は36分も遅れ、彼女はその後解雇されているようです。エミレイツの飛行機にとても興味があったことは間違いなさそうです。


女性の国籍を勝手に変えたジェットスターのスタッフ

Budget airline Jetstar has been fined after changing a Chinese passenger's nationality, which allowed her to board a New Zealand bound plane in Melbourne without a visa. Airline staff in Australia changed the passenger's nationality from Chinese, with the country code 'CN', to being from Switzerland, with the code 'CH', which meant she could board the flight without the proper travel documentation. The passenger was given a visa on her arrival at Christchurch International Airport as without it she would not have been allowed entry. But the move "raised the ire'' of New Zealand immigration officials and resulted in the Department of Labour pursuing criminal charges against Jetstar.

格安航空会社のジェットスターのスタッフが、ヴィザを必要とする乗客に対し、違法に文書を書き換えていたことが問題になっています。その手口は、ヴィザを必要とする中国人女性の国籍を中国のカントリーコード”CN”からビザを必要としない”CH”(Switzerland、スイス)へ勝手に書き換えてニュージーランドへ向かう飛行機の搭乗手続きをしていたようです。中国人女性はクライストチャーチ国際空港の到着のさいにニュージーランドイミグレーションオフィサーからヴィザを与えられたようですが、デパートメントオブレイバーがジェットスターに対し犯罪の容疑をかけ、裁判所から罰金$6、500と裁判費用の負担が命じられたようです。度重なる不祥事がずっと続いているジェットスター、反省の色があるようには思えません(笑)。

.

0 件のコメント:

コメントを投稿