2012年2月20日

ミニヘッドライン 2012/02/20

月曜日の記事から。

ストームウォーターの下水管に問題があることを知っていたカウンシル

Council officials were warned years ago about a faulty drainage pipe that apparently caused flash fooding in West Auckland at the weekend, according to a property manager. Residents of a Glen Eden apartment block have been left without homes or belongings for the past three days after the flood and say they want compensation. The council says it appears the problem was caused by the collapse of an underground pipe and subsequent flooding of the stormwater system.

ウェストオークランドのグレンイーデンで発生したストームウォーターの下水配管の損傷により洪水が発生していた事故の続報で、浸水した不動産物件を管理するプロパティマネージャーによると数年前にカウンシルのオフィシャルが不具合のある下水配管があることにすでに気づいていたと述べています。今回の洪水は地下にあるストームウォーター下水配管が崩壊したことによって発生していたことをカウンシルが認めており、洪水の被害者へどのように弁済されるのか、もうしばらく議論が続きそうです。

追記:少し前には、下水道のフタを開けっ放しにしておいたことから、近隣に住む男児が下水溝へ落下、そのまま死亡していた事故がありましたが、今回の洪水といい、オークランドシティカウンシルの上下水道の管理体制になんらかの問題があるように感じます。


去年よりも2000人学生が多いカンタベリー大学

The academic year kicks off today at the University of Canterbury, with 2,000 more students starting than this time last year. Thousands of students turned up today as orientation week gets underway. Access restrictions were lifted ready for the first semester to get underway. The University has tried to attract students back to the quake-affected campus through a public relations campaign.

カンタベリー大学が昨年よりも2000人多い学生数で授業を再開しているようです。大学が学生を誘致するためにキャンペーンを張っていたようです。気になるのは、学生数が増えて喜ぶよりも、まだ余震が完全に収まったわけではないので、(CTVの二の舞にならないよう)相応の安全管理が求められているように思います。


ミルクのタンクに意図的に投入されたペニシリン

Police are investigating after penicillin was deliberately dropped into a tank of fresh milk on a West Coast dairy farm, contaminating the entire 3500 litre batch. The raw milk was valued at about $2000, but the cost to the Inangahua farmer could be much higher because the contaminated milk was pumped into a tanker laden with milk from other dairy farms in the area, and he could be liable to pay for the entire load, which had to be dumped. Constable Mark Watson of Reefton police said today that the incident happened at the beginning of February. He confirmed that the contamination was the antibiotic penicillin.

ウェストコーストの酪農農家の3500リットルのミルクタンクにペニシリンが意図的に投入されていたことが発覚し、警察が調査をしているようです。このミルクはおよそ$2000相当の価値があるようですが、このミルクタンクからミルクを回収したタンクローリーが他の酪農農家でもミルクを回収していることから、このタンクを所有している農家へそれ以上の損害賠償が発生することが指摘されています(ペニシリン混入の疑いのあるミルクは廃棄処分となりタンクローリーも洗浄しなければならない等)。もしこの事件で犯人が逮捕されれば、過去の同じような事件と照らし合わせると、10年以下の懲役刑あたりになるようです。


オークランドで15歳少女誘拐未遂事件

A 15-year-old Auckland girl was grabbed by two men who attempted to abduct her this morning as she walked to school. The teenager was heading to school at 9.40am using her usual route that shortcuts through usually quiet streets in Flat Bush. When she reached Salford Cres she saw a red car behind her, said Detective Sergeant Mal Hassall. One of the offenders was described as a Maori or Pacific Islander in his mid 20s, a solid build, medium height, short black afro hair, wearing dark-coloured jandals, a black t-shirt and shorts. The second man, was also described as Maori of Pacific Islander, slim, in his mid 20s, tall, with dreadlocked or braided hair, wearing sunglasses and black canvas shoes. The red sedan had a plastic strip around it, was in rough condition and the registration plate had a 'B' and a number '6' in it. Anyone with information should call Otara CIB on 09 2611300 or Crimestoppers on 0800 555 111.

オークランドのサルフォードクレスで15歳の少女を誘拐しようとした男性2人組みの目撃情報を警察が求めています。車両はは赤いセダン車で、Bと6が入ったナンバープレート、容疑者のひとりは20歳代のマオリまたはパシフィックアイランダー、締まった体型で中くらいの背丈、短い黒髪のアフロで、濃い色のサンダルを履き、黒い上着とTシャツを着ていたようです。もう1人は、ドレッドヘアーまたは編みこんだ髪で、サングラスをつけ、黒いキャンヴァスシューズを履いていたようです。また赤いセダン車は程度の悪い車で、まわりにプラスチックのストリップがつけられていたようです。もしこの事件を目撃した方は、オタラCIB(Otara CIB on 09 2611300)またはクライムストッパーへ (Crimestoppers on 0800 555 111)連絡を。


操業を停止することになったスプリングクリークの鉱山

Solid Energy has stopped underground mining at its Spring Creek Mine, near Greymouth, following a Prohibition Notice issued this morning (Monday) by the Department of Labour's Mines Inspectorate on the basis of three recent incidents at the mine. Barry Bragg, Solid Energy's Chief Operating Officer, said the incidents occurred due to breakdowns in systems at the mine. "We will work very closely with the Department to ensure we meet our and their expectations prior to resuming mining at Spring Creek.'' Work to maintain the safety and security of the underground environment will continue, he said.

ウェストコーストのグレイマウスに近いところにあるスプリングクリークマインの操業を停止することがソリッドエナジーより公表されています。この鉱山でも過去にたびたび安全に関する事故が報告されており(直近のもので3件の事故報告あり)、それを受けて操業停止となっているようです。操業が再開されるよう、安全を確保するため政府と共に最大限の努力を払うと述べているので、閉山ではないようです。


昨年病院で深刻な怪我または死亡が発生した件数

Public hospitals have reported 377 avoidable events leading to serious injuries or death in the latest year. Of that total, 86 people died during admission or shortly afterwards, though not necessarily as a result of the event. The Health Quality & Safety Commission said many people suffered serious injury or disability as a result of the events. In 11 cases procedures were wrong, or were performed on the wrong patient or site. In 2009/2010, 318 comparable sentinel or serious events were reported.

昨年、病院で深刻な怪我または死亡に至った件数が377件へ達していたことが明らかになったようです。うち86人が入院手続き中または、手続きのあとに(診断される以前にすでに)亡くなっており、また、11人が間違った治療、間違った患者または対応する部署を間違っていたことから亡くなっていたようです。2009/2010年度では、318件が報告されていたようです。ここ数年、公共病院で長く待たされるのは当たり前のようになっているので、できることならプライヴェートの保険に加入したほうがより安心かもしれません。


感染症が増え続けているニュージーランドの病院

A study by the University of Otago, Wellington shows hospitalisations from infectious diseases have increased by 51 per cent from 1998 to 2008. The patients were mainly aged under 5 or more than 70 and from lower socio-economic areas. Some were suffering from third world infections and skin abscesses, cellulitis and pneumonia were rife. Dr Baker was "taken aback" by the size of the increase, because he expected to see the normal developed world pattern of a rise in chronic diseases such as cancer and diabetes, and a decline in infections. "New Zealand now has the double burden of rising rates of both infectious and chronic diseases. The increased rates are adding 17,000 hospitalisations a year and tens of millions of dollars in avoidable healthcare costs."

ウェリントンにあるオタゴ大学の調査によると、1998年から2008年の間で感染症が51%も増加していることが明らかにされています。これらの患者は5歳から70歳までで、その多くが低所得者層と指摘されています。ニュージーランドは現在感染症とガンや糖尿病などの慢性の疾患の割合が2倍になっており、毎年1万7千人が病院へ追加され、数百ミリオンものヘルスケアのコストを必要としていると報じています。記事元に病院で感染症のトップ10があったので、それを簡単に。

Top 10 infectious diseases resulting in hospitalisations in New Zealand, 1998-2008

1998年から2008年にニュージーランドの入院患者において報告されている感染症トップ10

1. Skin abscesses and cellulitis

1. 肌の膿瘍と蜂巣炎

2. Pneumonia

2. 肺炎

3. Infectious diarrhoea

3. 感染性下痢

4. Appendicitis

4. 虫垂炎

5. Chronic obstructive pulmonary disease with respiratory infection

5. 呼吸器感染を伴う慢性閉塞性肺疾患

6. Urinary tract infection

6. 尿路感染

7. Unspecified viral infection

7. 原因不明のウイルス感染

8. Unspecified acute lower respiratory infection

8. 原因不明の急性下気道感染

9. Post-operative infection

9. 以前に実施した手術の感染症

10. Acute upper respiratory infection

10. 急性上気道感染

(注:これらの感染症の多くは生活衛生に関わるものが多く、低所得者層の生活環境で多くみられるとニュースで紹介していました。政府がこれら低所得者層へ手を差し伸べ環境を変えない限り、このような感染症は今後も増えていくものとみられています)


占拠活動に参加するイーウィ

A group from a south Waikato iwi is moving to occupy one of the Crafar farms, calling for the land to be returned to them. The farm at Benneydale, south of Te Kuiti, is one of those being considered for sale to a Chinese conglomerate. The protestors from Rereahu say the farm is significant to them as it's where the iwi's chief died. Edward Emery said about 20 people will hole themselves up at the property for as long as it takes.

16あるクレイファーファームうち、テ・クイティの南にあるベニーデールの農場で、その土地でイーウィの先祖が亡くなったことから、およそ20人の人々による占拠活動が始まったことが報じられています。話がさらにややこしくなってきたようにも思えますが、これと裁判所で審議されていたことは別件で、もしこの抗議活動が違法なものと判断されると、そのまま身柄を拘束される可能性もあります(この場合、その土地の権利をクラウンが所有していることを認めることになる)。政府がどのように対応するのか、興味深い展開になりそうです。


警察が目撃情報を求めているワンガレイで武装した泥棒

Police are seeking witnesses to an armed robbery in Whangarei. Two men armed with a pistol or cut-down rifle robbed a shopkeeper in Sunnyside Foodmarket on Station Rd of cash and tobacco just after 5.30pm on Saturday. Both men wore dark coloured bandannas on their faces and sunglasses.

土曜日の夕刻5時30分頃、ワンガレイのステーションロードにあるサニーサイドフードマーケットで、短く切ったライフルまたはピストルを買い物客へ突きつけ、現金とタバコを強奪する事件が起きていたようです。容疑者は二人組みで、共にダークカラーの肌の色、バンダナとサングラスをつけていたようです。この件についても、警察が目撃情報を求めています。


ハウラキガルフに速度制限を呼びかけるクジラ研究者たち

Scientists want ships slowed down in the Hauraki Gulf to stop endangered whales from being killed. University of Auckland research has revealed the endangered Bryde's whales are vulnerable to being killed by ships in the area, prompting scientists to call for speed restrictions to reduce the chance of ships hitting them. A similar approach had been effective in protecting whales overseas, said Dr Rochelle Constantine.

希少種のニタリクジラが船舶と衝突して死亡する事故がなくならないことから、クジラ研究者たちが、ハウラキガルフを航行する船の速度を遅くする、速度制限を実施するべきだと提案しています(過去ログはこちらから)。


子供たちへプールへの無料アクセスを検討するレン・ブラウン市長

Auckland Mayor Len Brown wants ratepayers to believe free entry to the city's 24 swimming pools will cost $5.5 million when it cost $6.7 million to provide free entry to six swimming pools when he was mayor of Manukau City. 

オークランド市長レン・ブラウン氏が、オークランドにある24ものスイミングプールを子供たちへ無料で開放すべきだと提言しています。彼がマヌカウ市長だったとき$6.7ミリオンの予算で無料化が可能だったことから、同じことを$5.5ミリオンでできると述べています。

GATES OPEN

開かれるゲート

Aucklanders can have free swimming pools for $5.5m so long as:

オークランドの人々が$5.5ミリオンを支払い、さらにこれらの条件を満たせば無料のスイミングプールを持つことができる:

* No more people use them

* 推定人数以上の人々が使用しないこと。

* No rise in operating costs

* 運営費用が増えないこと。

* More revenue from spas, saunas, steam programmes

* スパ、サウナ、スチームなど、他のプログラムからの歳入が増加すること。

* Higher retail sales.

* 小売販売の売上げが高いこと。


収益が20%も下がっているコンタクトエナジー

Contact Energy's half year profits are forecast to drop by 20 per cent by one analyst although there are positive revenue signs for the remainder of the year. Forsyth Barr's Andrew Harvey-Green said normalised profit for the six months to December 31 was forecast to be $66.3 million, down from $82.4 million in the corresponding half year. Contact is New Zealand's third biggest listed company by market capitalisation and will deliver its interim result tomorrow.

ニュージーランドの電力市場で3番目の資本を誇るコンタクトエナジーの12月31日までの下半期の利益が上半期の$82.4ミリオンの利益よりも20%少ない、$66.3ミリオンへ下がっていることがアナリストから指摘されています。


ちょっと疲れてる:ヴィクトリア・ベッカム

"Look, if people want to say I'm miserable then so be it. I'm really not. I have a lot on my plate. I'm not going to lie about it, I'm tired. I'm really tired but I'm also very happy with my life," she told British newspaper The Sunday Mirror. "Harper's not sleeping that great... I'm up with the baby as all mums are and I wouldn't have it any other way. There's not a team of people doing it for me. "And then people want to say I look c**p. Well, I'm a working mum, so give me a break."

いい、もし人々が私を惨めだと思うならそれでいいわ。私は惨めなんかじゃない。私にはやらなければならないことがたくさんある。私はそれについてウソをつくつもりもないし、私は疲れている。私は本当に疲れているけど、私は自分の生活にとても幸せ、とヴィクトリア・ベッカムがサンデーミラーの取材に答えているようです。


オンラインデート産業の一翼として成長しているシュガーダディサイト

In America's booming online dating market, few sectors are hotter than so-called "sugar daddy" sites, which help rich men to make "arrangements" with attractive and financially needy younger women. Between them, these specialist sites now account for 10 per cent of the entire industry. In the US the online dating business now generates profits estimated at US$700 million ($840 million) a year. The "sugar daddy" trend began in 2006, when the entrepreneur Brandon Lee founded a website called SeekingArrangement. The older, male subscribers pay a fee of US$50 per month; young women can join for free. The trend became a national talking point last week after CBS showed a documentary about a 22-year-old student from Miami who uses Lee's site, and others, to find gentlemen companions willing to subsidise a monthly allowance of between US$10,000 and US$20,000. Various men she has met on the site have paid her university fees in return for exclusive relationships.

お金持ちの男性とお金がない女子大学生の金銭的な出会いを支援するシュガーダディウェブサイト産業(以前このブログで取り上げた記事はこちらから)、現在アメリカだけで年間US$700ミリオン(NZ$840ミリオン)もあるデートサイトの10%を占めるまでに成長しているようです。この記事で紹介されているサイトは、男性側が毎月$50の料金を支払うかわりに、女性の加入は無料となっています。そのトレンドのひとつとしてCBSがドキュメンタリーとして放送したのは、22歳のマイアミに住む22歳の女子学生がリー氏のサイトを使ってシュガーダディを探し、毎月US$10,000からUS$20,000の支援金を手にしており、彼女が出会ったたくさんの男性は彼女から唯一の関係が提供され、男性は彼女の大学費用を支払っている、と報じています。

追記:若い売春婦が学生を兼業しているようにしかみえないのは気のせいかもしれません(笑)。大学の費用が高額なのも問題がありますが、(安易にお金を得ることを学んでしまい)将来への道をわざわざ狭めてしまうようなこのようなサイトを崇めるよりも、(問題が多いにしても)ニュージーランドの学生ローンのような基本的に誰でも申請できる制度があることは恵まれた環境のようにも思います。


ダーガヴィルでブラチェーンでギネス世界記録達成

What is being described as a "mammoth" task is complete, and a new Guinness World Record has been set in Dargaville. The local Girl Guides have linked together nearly 170,000 bras to raise awareness for breast cancer with the help of 100 supporters. Spokeswoman Robyn Martinovic says it is satisfying to see it complete.

北島のホークスベイに近いダーガヴィルでブレストキャンサー(胸のガン)を人々へ気づかせるため、100人の支援により17万ものブラを繋いでギネス世界記録を達成したようです。


3月25日朝5時から施行されるギヴウェイルール

Hundreds of intersections - including 500 in Auckland - need modifications to make them safer ahead of the reversal of the left-turning traffic rule in five weeks. Auckland Transport has surveyed 15,000 intersections throughout the region before the March 25 rule change, which is expected to prove a big challenge for many drivers already hazy about who has the right of way when turning.

来月3月25日からギヴウェイルールが変更になります。右折優先の法規に慣れている方は特に注意が必要です。接触事故多発の予感がするので、トランスポートの資料を見ながらおさらいを。

T字交差点:どちらの車両も直線の道路を走っている場合、右へ曲がる車両が道を譲らなければならない。左折優先。


ギヴウェイのある十字交差点:右へ曲がる車両が道を譲らなければならない。左折優先。

停止線のある十字交差点:右へ曲がる車両が道を譲らなければならない。左折優先。


信号のある十字交差点:右へ曲がる車両が道を譲らなければならない。左折優先。


T字交差点:道路正面に道路があり、右もしくは左に曲がらなければならない車両が、直線道路を走行する右へ曲がる車両へ道を譲らなければならない。直線道路を走行する車両の右折優先。


(そのときの道路状況や渋滞などで、最後のT字交差点が一番迷い易いかもしれません。譲り合いの事故にはくれぐれも注意を)
.

0 件のコメント:

コメントを投稿