2012年2月24日

ミニヘッドライン 2012/02/24

金曜日の記事から。

ギャングに所属する子供の親への責任を主張するワンガレイ警察

Whangarei's top cop says parents of members of a youth gang that have committed 130 offences should be held accountable for their actions. Whangarei/Kaipara area commander Inspector Paul Dimery made a call for a law change to hold parents legally accountable for their children's actions when he presented a police report to the Whangarei District Council meeting this week. A youth gang known as the Serious F****** Criminals or SFC's has committed serious crimes including arson, robbery, theft and assault over the past few months.

ワンガレイの警察官が、子供のギャングの素行があまりに悪いため、子供の親がその責任を負うように法律を整備するべきだとワンガレイディストリクトカウンシルのミーティングのレポートの中で指摘しています。これはどういうことかというと、未成年の児童が犯した犯罪は追求されることがなく、保護者にも罪や損害賠償が請求されないため、被害者が泣き寝入りになってしまうケースが少なくないことです。解りやすい例を挙げると、ある少年が事故を起こし相手の車両を修理するための費用数千ドルを支払うため毎週5ドルだか10ドルを払うことを命じた判例があり(過去ログにもあります)、こんな状況でも親にそれを支払うだけの収入や貯えがあっても支払いを肩代わりする義務がないことです。この記事では、SFC(Serious F****** Criminals)の若いギャングの案件について、過去数ヶ月に彼らが犯した放火、強盗、窃盗、暴行など犯罪130件はギャングの保護者と共に解決されるべきだと主張しています(彼らを野放しにしてしまうことで結果的に若年層の犯罪が増えるひとつの要因になっているように思います)。


6ヶ月の謹慎が言い渡されたスカート下を盗撮した男性

An Auckland man who secretly filmed up women's skirts has been given six months community detention. Ian Frazer, 42, was caught by a security guard at Albany's Westfield mall using his mobile phone to film underneath an unsuspecting woman's skirt. He had pleaded guilty to 22 charges of making intimate visual recordings at an earlier court appearance.

アルバニーのウェストフィールドで携帯電話を使ってスカートの下を撮影していてセキュリティに捕まった42歳の男性が22の容疑で有罪判決を受け6ヶ月の地域謹慎が命じられています。覚書まで。


削除が呼びかけられる$5000を払わないと殺すというメール

A threatening email which tells the recipient they will be killed if they don't pay $5000 is a hoax and should be ignored, the Department of Internal Affairs says. The department has received several complaints about the email, which is doing the rounds in New Zealand and overseas, Senior Investigator Toni Demetriou said. "He demands $5000 to prevent 'his boys' carrying out the killing and warns the recipient not to go to the police," Demetriou said. "This is clearly a hoax scam designed to play on people's fears and extract money from them. The email, from a "contract killer", is similar to a scam five years ago, Demetriou said.

$5000を払わないと(殺し屋に)殺されるというメールがニュージーランド国内に届いており、内務省(Department of Internal Affairs)がもしそのメールを受け取った人々へ、メールをそのまま削除するよう通達を出しています。5年前にも同じようなメールが報告されていたので模倣犯の可能性が高いようです。このタイプのスパムだけでなく、覚えのないメールはそのまま削除が安全です(それがバイアグラであっても、カジノでも、向こうから誘ってくるメールは避けたほうが無難です。笑)。


グリーンピースと共に海洋オイル採掘批判で逮捕された女優

A man has been arrested after actress Lucy Lawless and six other Greenpeace protesters scaled a ship they say is bound for oil drilling in the Arctic. Police confirmed to ONE News that the man was arrested early this morning in connection with the protest at the Port of Taranaki. Police would not comment on what time or why the man was arrested. Greenpeace said around 7am the protesters began climbing a 53 metre drilling derrick on the ship, Noble Discoverer, and then chained themselves to the ship's drilling platform. Five police officers are on board the ship and they say the protesters are trespassing. Lawless, who is famous for her role in Xena, told TV ONE's Breakfast she is prepared to be arrested for this cause. "I don't care, I don't care (about being arrested) I just have to do what I feel is right and this is what I feel is right."

タラナキのオイル採掘を批判するためにグリーンピースと共に抗議活動に参加していた女優ルーシー・ロウレスが不法侵入の罪で警察に逮捕されているようです。やろうとしていることは理解できなくもない(ニュージーランドでは海洋オイル採掘に反対する人々はわりと多い)ので、どうせやるなら、署名活動や、法廷に持ち込むなり、合法的な抗議活動をするべきのように思います。



3週間のストライキを宣言した港湾施設で働く人々

Auckland port workers were said yesterday to have "nothing to lose" by striking for three weeks from this morning, after their union issued an extended walkout notice. Importers had already warned of shortages of medical supplies and raw materials for manufacturing as well as retail goods while faced with a two-week strike expected to disrupt 25 container ships. That was before the Maritime Union, with more than 300 members walking out at 7am today, issued the Auckland Council-owned port company with notice of a third consecutive week-long strike. Council of Trade Unions president Helen Kelly told the city's governing body chaired by Mayor Len Brown that it should not underestimate the dispute's seriousness, as 40 per cent of the country's freight crosses Auckland's wharves.

オークランドの港湾組合と経営者側との話し合いが決裂しており、”失うものは何もない”として、300人以上の就労者たちが今朝7時から3週間のストライキへ突入しており、泥沼化の様相を呈しています。カウンシルオブトレードユニオンのヘレン・ケリー女史は、オークランド港湾の所有者であるオークランドシティカウンシルがまともに相手にしていないことを非難しており(彼らの深刻さを低く評価しすぎている)、オークランド港がニュージーランドの荷卸の40%を占めていることに気づくべきだと述べています。この件、冷静に彼らの言い分を聞いてもそれほど無茶苦茶な要求ではないため(というよりもいままでの待遇があまりに酷かった)、カウンシルが彼らと話し合いの席につくべきのようにも思います。



怒りのトゥイッターが飛び交う公立病院の人員削減計画

Fears of cuts to frontline staff and services in Auckland hospitals are growing after Waikato District Health Board's boss went public with his funding woes and the spouse of an employee angrily tweeted about a $60 million hole in Auckland DHB's budget. Waikato DHB chief executive Craig Climo this week published a staff memo in which he warned a $30 million hole in his budget over the next three years may have to be partly filled by cutting staff numbers. "We are developing a savings plan and until that is complete, we cannot know how many staff positions will be affected."

ワイカトDHBで$30ミリオンの予算が足りないことがスタッフに知らされたたあと、オークランドディストリクトヘルスボード全体で$60ミリオンの予算削減されるという話が流れ、職員やスタッフの嫁が怒りを持ってトゥイッターでつぶやいているようです。ただでさえ、まともなサーヴィスが提供できていない公立病院で予算を削減しようとすると、医者や看護師は減らすのは難しいので、記事にあるとおり、フロントマン・アドミニストレーションがその対象になるのは致し方ないように思います。それにしても、政府の負債は発表している数字よりもかなり深刻かもしれません(おそらく貸付の条件として国内での歳出まで口出しされている可能性は十分にあると思います)。


より一般的でより死に至らないとみられる鳥インフルエンザ

Researchers at Mount Sinai School of Medicine in New York analysed 20 previous international studies that tested the blood of nearly 13,000 participants worldwide. They found that between one and two percent of those tested showed evidence of a prior H5N1 avian flu infection, meaning millions of people may have been infected around the globe. The World Health Organisation's figures currently show just 573 cases in 15 countries since 2003, with 58.6 percent of those resulting in death. The researchers said the WHO may be overlooking cases by focusing only on hospitalizations and severe illnesses, and recommended a new approach to calculating the true number of bird flu cases. The findings could also mean that the death rate from bird flu is underestimated, largely because many of the people who get sick from it live in rural farming areas where medical care may be difficult to come by.

世界保健機関(WHO)のデータでは、2003年から15ヶ国573件の鳥インフルエンザに感染した患者を調査したところ、死亡に至った患者が全体の58.6%で、その致死率は高いと公表されていますが、ニューヨークのマウントシナイスクールオブメディスンの研究者によると、WHOは鳥インフルエンザに感染し病院へ搬送された症状の重い患者に集中しすぎているため、その致死率の数値が高くなる傾向があり、本当の鳥インフルエンザの致死率を求めるため、新しい計算方法を採用するべきだと指摘しています。また、鳥インフルエンザは養鶏場など鳥を扱う人々が郊外に住んでいることから、(救急車の搬送に時間がかかり)症状が悪化しやすいという側面もあるようです(よって、データを取るのがより難しくなる)。この研究者の指摘は的確かもしれません。


テレコムの誘いをファイフ氏が否定し急落したNZ航空の株価

Air New Zealand chief executive Rob Fyfe has poured cold water on speculation he could take the top job at Telecom. Fyfe last month said he would step down on December 31 this year and today said he would definitely stay at the listed airline until the end of the year. Shares in the airline were at 89 cents yesterday and fell about 4 per cent following the announcement, and were down 3.37 per cent to 86 cents at 11am. The board has declared an interim dividend of 2 cents per share.

今年12月31日でニュージーランド航空のCEOの職を去るロブ・ファイフ氏がテレコムのCEOの件について否定したことから、ニュージーランド航空の株価が4%も急落したようです(なので、憶測が確信に変わった瞬間かもしれません)。昨日は89セントをつけていたのが、朝11時の時点で3.37%下げて86セントで落ち着いたようです。いまのところ、一株につき2%の(仮の)配当を公表しているようです。


業績悪化で441人を解雇するニュージーランド航空

Air New Zealand has this morning unveiled a big plunge in profits for the first half of the financial year, with a 71pc drop in normalised earnings before tax. Net profits after tax were down $60m to $38m for the six months ended December 31. "We plan to remove 441 roles from the business before the end of the financial year. A total of 266 of these roles are being exited through non replacement of roles or non renewal of contracts, of which 193 have already been achieved. The removal of the remaining 175 roles will result in redundancies and we begin the consultation process with affected staff this morning.

ニュージーランド航空の12月31日までの下半期の純利益が前年の$60ミリオンから$38ミリオンまで大きく悪化しており、ニュージーランド航空の従業員441名が人員削減の対象となることが公表されています。別記事をみると、このタイミングで資産売却はままならないのではないか、といった指摘もあるようです。

Result key highlights:

特筆すべき結果:

• Normalised earnings before taxation of $33 million, down $79 million

* 税前の標準化した収入が$70ミリオンから$33ミリオンへ減益。

• Net profit after taxation of $38 million, down $60 million

* 税後の純利益が$60ミリオンから$38ミリオンへ減益。

• Operating revenue up 2.5 per cent to $2,291 million

* 営業収益が2.5%増えて、$2,291ミリオンへ増加・

• Number of passengers carried down 0.6 per cent

* 運んだ乗客数が0.6%も減少。

• Net cash position of $912 million

* $912ミリオンのネットキャッシュポジション。

• Interim dividend of 2 cents per share

* 仮の配当は一株当たり2%。

• Net gearing at 49 per cent, an increase of 2.3 per cent from June 2011

* 49%でのネットギアリング(純負債比率)は2011年6月から2.3%増加している。

(注:この49%は政府資産売却の予定放出分の数字)


テレコムがビリオンの利益を計上

Telecom has announced it will effectively hand back $300 million to shareholders through an on-market share buy-back this year after announcing a billion-dollar paper profit. The buy-back will have the effect of increasing the value of investors' shares in the company by that amount. Telecom announced a net profit of $1006 million for the six months to December, but most of that was due to an accounting adjustment that related to the November spin-off of former network arm Chorus. 

テレコムがインフラの敷設・メンテナンスを担当するコーラス(Chorus)を分社化し、これにより、12月までの下半期でなんと$1006ミリオンの利益を計上しています。その利益のほとんどがコーラスのペーパーマネーからだったと報じています。(毎月支払っている数ドルのメンテナンス料金が別会社からの請求になることで)なんかちょっとだけ嫌な予感がします(笑)。


景気低迷の環境の中で堅調な利益を出したNZポスト

New Zealand Post, the state-owned postal service, reported first-half profit more than doubled on the contribution from its Kiwibank unit while mail volumes fell. Profit rose to $35.4 million in the six months ended December 31, from $15.8 million a year earlier, the company said in a statement today. Sales rose 4.2% to $679.7 million. NZ Post will pay the government a dividend of $2.5 million, up from $1.8 million a year earlier, and said the pickup in profit was "pleasing" but not a sign that the business is "turning the corner".

ニュージーランドポストの郵便事業の収益が低迷するなか(物量の縮小)キウィバンクからの増益(貢献)により、利益が12月31日までの6ヶ月で上半期の$15.8ミリオンから$35.4ミリオンへ、売上げは4.2%増えて$679.7ミリオンとなっています。この利益から政府へ支払う配当は$2.5ミリオンで、昨年の$1.8ミリオンから大きく増えています。ただ、まだ楽観するには早計のようです。


オークランド港の損失がタウランガ港の利益へ

Chief executive Mark Cairns said the unrest north of the Bombay Hills, which has resulted in some shipping being rerouted through Tauranga, had contributed arbout $500,000 in earnings before interest and tax (ebit) to the company during the six months to December 31. Ports of Auckland chief executive Tony Gibson has said the loss of business from shipping line Maersk and dairy co-op Fonterra could cut port revenue by $25 million a year. Total revenue for the half-year at Port of Tauranga rose 14 per cent to $105.7 million, compared with the same period a year earlier, while net profit surged 22 per cent to a record $34.6 million. Port of Tauranga shares closed up 6c at $10.86 yesterday.

オークランド港を経由してタウランガ港へ荷卸をする船が増えており、12月31日までの6ヶ月で$500,000の収益を享受しているようです。オークランド港のチーフエグゼクティヴによると、フォンテラがオークランド港から手を引くだけで年間$25ミリオンの損失だと述べています。タウランガの年間の総売上げは昨年の同じ時期よりも14%増えて$105.7ミリオン、利益は22%増えて$34.6ミリオンへ達しています。タウランガ港の株価は昨日の時点で6セント上げて$10.86となっています。


IAGの利益を吹き飛ばしたカンタベリー地震

Canterbury earthquakes and big reinsurance price rises pushed New Zealand's biggest general insurer's profit down from A$90 million ($115 million) to A$34 million. IAG suffered doubling reinsurance costs and a 25 per cent claims increase after the Christchurch catastrophes so it raised premiums to cover the expenses. Releasing its half-year result to December 31, the business told how global reinsurers charging A$29 million increased their prices to A$63 million in the latest period. So IAG charged an extra A$66 million in premiums in the latest half-year, from A$472 million to A$538 million. IAG views New Zealand as a good market for expansion, particularly with the $380 million AMI purchase.

ステートとNZIを持つニュージーランドで最も大きい保険会社IAGの利益が、カンタベリー地震の影響等により、利益がA$90ミリオン(NZ$115ミリオン)からA$34ミリオンへ急落しています。カンタベリー地震のあとクレームが25%増え、再保険の支払いも増大しているようです。気になるのは、直近の半年で保険料をA$66ミリオンも追加で補填しており、A$472ミリオンからA$538ミリオンへ増えていること、つまり、損失分をほぼ保険料の増額で賄っていることです。報道にあったと同様、Levy(税金)が3倍近い値上げをしていることから、今年支払う保険料も(上記の補填額から)相当の額に増えることが予想されます。また、IAGにとってAMIの$380ミリオンでの購入は(市場をほぼ独占する可能性から)安い買い物だったのではないかと思います。ただし、保険料を支払う顧客にとって、頭の痛い問題が続きそうです。


予算そのままで質を高めることを要請される公共サービス

Prime Minister John Key is expected to give more details next month but has already hinted at more use of technology, as well as mergers of agencies and greater savings. About 3000 public service jobs have been lost since National won office in 2008 and more are expected to go, particularly as the superannuation policy announced in the Budget takes effect. All state sector employers will have to fund their employees' super and KiwiSaver contributions, instead of having them paid centrally by the State Services Commission, which in 2010 cost $165 million across the public sector. The education sector must find $63 million extra; for district health boards it is $46.5 million in 2012 to 2013. Mr English told his audience the Government could no longer keep spending in order to absorb the shocks from the global financial crisis. "We made it clear this could not continue forever. At some point the Government would have to tighten up its spending and stop the increase in public debt." Between 2000 and 2009, core Crown expenditure climbed by about 85 per cent, from $35 billion to $64 billion. It has risen by $7.4 billion since then and in the current financial year is tipped to weigh in at $71.4 billion.

国民党が政権を奪取した2008年から政府関連で働く職員が3000人も解雇されていますが、昨今の景気低迷から、国民党がこの手綱を緩めることなく、さらに人員削減に着手することが公表されています。この記事では、雇用者が年金やキウィセーヴァーのコントリビューションを捻出しなければならず、これが2010年では$165ミリオンだったようです。いまのところ、2012-13年度では教育省で$63ミリオン、ヘルスボード(保健省)では$46.5ミリオンの予算が不足しているようです。また、2000年から2009年までの間でクラウンへの予算は$35ビリオンから$64ビリオンまで85%増えており、以降、$7.4ビリオン増えて今年の予算は$71.4ビリオンになっているようです。


政府資産売却で連立政権から離脱の可能性を残すマオリ党

After three weeks of consulting, the Government yesterday said it would include a Treaty of Waitangi clause in new legislation to cover companies in which minority stakes were sold to private investors. The Maori Party warned it could walk out on the Government if Treaty rights were not properly recognised in the new legislation and said its preference was for section nine to be used or, if that was impossible, to include a new clause which carried equal weight and scope.

政府資産売却について個人投資家に対し法律改正が求められるなか、もしワイタンギ条約のセクション9項(または9条)がこの件において適切に認められない場合、マオリ党が国民党との連立から離脱する可能性を示唆しているようです。そもそも、このセクション9を参照したうえで(ワイタンギ条約と法の観点から)政府資産売却を再検討するべきだとマオリ党へ助言していたのはマナ党のホネ・ハラウィラ氏で、彼からその指摘がなければそのまま話が進んでいたかもしれません。覚書まで。


過去にも例がないフィジーで落雷を受けて死亡した女性

A woman has been killed after she was struck by lightning while standing in a school yard with her daughter and other children watching, the Fiji Times reports. Votualevu Public School manager Pramendra Nath Bharos said the woman and daughter were standing near a mango tree when lightning struck. "The woman and her daughter fell to the ground," he said. He said she died instantly. "The weather was fine. There were a few clouds but it wasn't raining. "Children were outside playing when it happened and it was really unusual," he said.

フィジーのとある学校の校庭で娘と一緒に立っていた母親へ雷が直撃し即死する事故が起きていたようです。特筆すべきは、事故当時、天候は晴れており、いくつかの雲は出ていたようですが雨が降っておらず、本当に普通ではない出来事だったと学校のマネージャーが述べています。ここ最近、季節がら落雷が増えており、もし雷鳴が聞こえたら建物内に避難するなど、それなりの対応は必要かもしれません。


バリ刑務所の暴動でも釈放されないシャペル・コービー

Twelve convicted Australian drug smugglers and 48 other foreigners have been housed together with about 1,000 other inmates at the notorious and overcrowded Kerobokan jail. The evacuation that began near dusk brought calm after a day of mounting tensions between inmates and some 500 police and military massed outside. Bambang Krisbanu, a security official at the justice ministry, said most of the Australians had chosen not to be evacuated, including convicted drug trafficker Schapelle Corby. Handoko earlier said all foreigners and the prison's 125 female inmates would be moved because authorities feared for their safety.

インドネシアの刑務所で暴動が起きており1000人の受刑者が避難する事態となるなか、(この機に乗じて釈放されるかもしれないと囁かれていた)シャペル・コービーを含む(ドラッグの運び屋で)他の刑務所に収監されているオーストラリア人受刑者20人、すべての外国人受刑者48人と125人の女性受刑者は彼らの安全のため他の刑務所に移送されることになったようです。



オークランドの追加チケットも即完売したレディ・ガガ

A third Auckland concert for Lady Gaga has been announced after tickets for an extra concert sold out. Organisers say the third concert in June by the extravagant American singer at Vector Arena will be the final concert. Fans can buy pre-sale tickets from Monday, while tickets for the general public will go on sale next Friday. Additional dates have also been added to the Australian arm of the Born This Way Ball tour due to Lady Gaga's popularity. 

ボーンディスウェイボール(Born This Way Ball)ツアーのためオークランドのヴェクターアリーナで最後となる3回目のコンサートを予定しているレディ・ガガの追加分のチケットがすぐに完売したようです。彼女の最近の言動から感じられるのが、どことなく疲れがみられ、(ツアーが終わり次第)しばらく長期休暇をとりそうな、そんな気がします。


ニュージーランドに本格的に進出してきたカールスジュニア

An American burger chain setting up shop in New Zealand, and dubbed one of the world's worst for high-calorie meals, has hit back at criticism from an Auckland community leader. Ian Letele, Carl's Jr Asia Pacific vice president, said the business provided low-calorie options and had a big expansion strategy for New Zealand - and was seeking to target "young, hungry guys".

オークランドコミュニティから高カロリーのジャンクフードと名指しされているカールスジュニアが、低カロリーのバーガーも用意し若いおなかを空かした男性をターゲットにニュージーランドの市場に参入することが紹介されています。記事元のまとめを簡単に。

Carl's Jr:

カールスジュニアは:

*Has a notorious foot-long cheeseburger that has twice as many calories as KFC's Double Down

* 悪名高いフットロングのチーズバーガーはKFCのダブルダウンの2倍に匹敵するカロリーがある。

*Carl's Jr is world's fourth biggest burger chain

* カールスジュニアは世界で4番目に大きいバーガーのチェーン店である。

*Now opened in Takanini and Glen Innes

* 現在、タカニニとグレンイネスに開店している。

*New store to open soon in Avondale

* エイヴォンデールの新店舗が間もなくオープン予定。

*30 restaurants planned for New Zealand

* ニュージーランド全国で30店舗の出店を計画している。


街の将来がいまだにはっきりしないクライストチャーチ

Engineers have found most of the land in the central city is safe to rebuild on, but liquefaction-prone areas closest to the Avon River - which runs through central Christchurch - will not be built on. A proposed $406 million light rail system would connect the city centre to Canterbury University in the northwest suburbs. In the suburbs, as some parts disappear, other parts will grow. New residential land in the north and west of Christchurch is being fast-tracked for development to accommodate those forced to leave the red-zoned land. The future, though, for some people living in eastern and hillside suburbs is still uncertain as they await further instruction on whether they can stay put. Mr Parker boldly sees Christchurch's future as a "world-class city". "We would all rather [the earthquakes] hadn't happened, but this is a chance to seize the moment. I don't think many cities around the world have ever had this opportunity."

クライストチャーチ市街の液状化が発生しなかった安全が確認された土地には建物が建てられ、北部郊外のカンタベリー大学を結ぶライトレイル(小さな鉄道システム)の建設などが予定され、クライストチャーチの北と西に位置するところで宅地への開発が急ピッチで進められるなか、いまだに、クライストチャーチ東部と丘陵にある住宅に住む人々へどのようにすべきかまだはっきりとした通達がされていないことが紹介されています。また、ボブ・パーカー市長は世界でも先進的な都市となるだろうと述べていますが、まだ具体的にそれがいつ実現するのかはっきりとしていないようです。クライストチャーチの道路などのインフラはまだ損傷したままの所が多く、都市開発よりも先にやるべきことが山積みのため、予定通りに計画を奨めるのは難しいかもしれません。


マグニチュード5.0以上の大きな余震の発生予測を下げたGNS

GNS Science has updated its earthquake forecasts for the Canterbury aftershock region for the next year, with the probabilities of quakes over magnitude 5.0 continuing to trend slowly downwards from last month's figures.

GNSサイエンスが毎月実施している地震確率の予測が公表されています。先月のデータから地震が起きる傾向は低く予測されていると報じています。記事元のデータのまとめを簡単に。

In the 12 months to February 15 next year there is:

2月15日から向こう12ヶ月の地震発生の予測は:

* A 79 per cent probability of a 5.0 to 5.4 aftershock (down from 82 per cent a month ago)

* マグニチュード5.0から5.4の地震が起きる確率は79%(先月の82%から減少)

* A 36 per cent probability of a 5.5 to 5.9 aftershock (down from 39 per cent)

* マグニチュード5.5から5.9の地震が起きる確率は36%(39%から減少)

* A 12 per cent probability of a 6.0 to 6.4 aftershock (down from 13 per cent)

* マグニチュード6.0から6.4の地震が起きる確率は12%(13%から減少)

* A 3 per cent probability of a 6.5 to 6.9 aftershock (down from 4 per cent).

* マグニチュード6.5から6.9の地震が起きる確率は3%(4%から減少)

The probability of a 7.0 or higher earthquake over the next 12 months remains unchanged at 1 per cent, or one chance in 100.

向こう12ヶ月でマグニチュード7.0を超える地震が起きる確率は前回と変わらず1%、または100回に1回の頻度。

GNS Science will review its earthquake forecasts every month.

GNZサイエンスは地震予測の見直しを毎月実施している。

追記:気になるのは、6月に起きた大きな余震の前に北島に多くの地震が起きていたことで(クライストチャーチのその余震で他の地震が一気に収まっていた)、最近のデータをみるとこんな感じで北島にも地震が多発しています。


(もし、その傾向が繰り返されるなら、どこかで大きな地震が起きる可能性はあると思います)

.

0 件のコメント:

コメントを投稿