2012年3月12日

ミニヘッドライン 2012/03/12

月曜日の記事から。

警察の情報提供番組から容疑者を逮捕

Police have arrested and charged a man in relation to a spate of night time burglaries in Kilbirnie. Detective Constable Miriam Reddington of Wellington CIB says police received a number of calls from members of the Kilbirnie community who provided valuable information, following a public appeal on TVNZ's Police Ten-7 programme. "As a result, a 22-year-old Kilbirnie man was arrested on Friday evening and now faces three burglary charges," Reddington said.

TVNZのONEで放送しているPolice Ten-7(ポリステンセヴン)という、指名手配被疑者の情報などを公開する警察の番組が放送されたあと、公共から有力な情報が寄せられ、キルバーニーで発生していた3件の不法侵入の事件の容疑者が逮捕されたようです。容疑者は22歳の男性で、3件すべての不法侵入で起訴されるようです。


一周忌を弔う集まりが開催されたニュープリマウス

Hundreds of people lined New Plymouth's coastal walkway yesterday to Join Hands for Japan and remember the first anniversary of that country's devastating earthquake and tsunami. The emotional but warm-hearted event raised funds for the children affected by the March 11 earthquake and tsunami, which killed more than 20,000 people. Tears were shed by many in the seaward-facing lineup of people spreading from the wind wand to the Richmond Estate. The crowd held their linked hands in the air and waved to a helicopter crew as the chopper took passes along the shoreline capturing the event on video.

ニュープリマウスで東日本大震災の一周忌を弔うための集会があったようです。詳細は記事元を。


再犯の可能性が高いのに刑務所から出所が許可された殺人犯

Despite being considered to have a moderate to high risk of reoffending, convicted murderer Melissa Anne Wepa will be freed from prison in May. Wepa, 38, killed former friend Caroline Gardiner in Porirua and was sentenced to life in prison in 1997. She stabbed Gardiner 50 times before dumping her body down a bank. Wepa escaped from prison twice, made another escape attempt, and was charged with nearly biting off a fellow inmate's nipple during a cell fight in a Christchurch prison. Sensible Sentencing Trust spokesman Garth McVicar said the Parole Board was getting it wrong too often. "The risk to the community is unacceptable."

平均よりも再犯の可能性が高い殺人で服役していた女性が5月に釈放されるようです。彼女はポリルアで女友達だったうちの1人を50回以上も刺したうえで土手に遺棄したことから1997年に終身刑を受けて、その後2回の脱走と脱走未遂、さらに、クライストチャーチ刑務所内で女性受刑者同士のケンカで相手の乳首を噛み切ろうとしていた、とても凶暴な犯罪者だったことが紹介されています。刑務所によると、その後の彼女の服役態度がとても良くなっていることから、出所を許可したと述べています。センシブルセンテンシングトラストは、地域へ向けられたこの危機は受け入れることができない、と述べています。ちょっと離れてこの記事をみたときに思ったのは、年齢が38歳ということなので、そんなに無茶苦茶な行動は体力的に難しくなっているはずで、それゆえ、看守から大人しくなったと判断されたような気がします(センテンシングトラストの指摘どおり、元々の凶暴性はまだあるのかもしれません)。だとすると、この判断は少々リスクが高すぎるような気がします。


危険な家に強制的へ戻されるポートヒルズの人々

Delays in deciding the fate of properties in Christchurch's Port Hills are forcing homeowners to move back into their rockfall-threatened houses. More than 500 red-stickered properties deemed uninhabitable because rockfall threat or cliff collapse are among the 2100 homes in the city's white zone. Homeowners whose temporary accommodation insurance will lapse before zoning decisions are finalised at the end of June face covering rent and mortgage payments on the Government's housing subsidy.

落石やがけ崩れの恐れのあるポートヒルズにあるレッドステッカーが貼られた住宅から避難していた人々が、保険会社の一時住居のための支払いが1年で切れ、さらに、住宅が住宅に適するかどうか政府の判断が遅れていることから、その危険な住宅へ強制的に戻される懸念が指摘されています。問題の多くは、損害保険が補償する(延長を認めない)1年の期間がネックになっているように思います。


死体で発見された行方不明だった女性

A post mortem examination will today be carried out on a body believed to be that of missing Christchurch woman Emma Campbell. The body was discovered by a pig hunter on the Port Hills yesterday, just 100 metres from where Campbell's car was found crashed down a bank off Dyers Pass Road on the Port Hills in 2010. The hunter alerted police on Saturday after discovering a body in a covered ravine.  Campbell resigned from her job as a part-time carer of disabled and elderly people two days before she went missing.

ポートヒルズで2010年から消息を絶っていたクライストチャーチの女性の遺体が発見されたようです。彼女が行方不明になったのは、彼女が障害者や老齢者の人々の介護をするパートタイムの仕事を辞めてから2日後。ポートヒルズに近い、なだらかな丘の上から転げ落ちた彼女の車が発見された現場からわずか100m離れたところで猪猟をしていた男性に発見されたようです。失跡の現場からそれほど離れていないところで発見されたことから、少々気になる事件のように思います(事件に巻き込まれた可能性もゼロではない)。


危篤状態にある線路の上で魚釣りをしていた4歳女児

A four-year-old girl remains in a serious condition in Christchurch Hospital after being struck by a freight train. The train was travelling north towards Belfast when it collided with the girl on a rail bridge near Radcliffe Road at 3.50pm yesterday. She was fishing on the bridge with her siblings and a family friend. The train driver saw them ahead and sounded warnings while activating emergency braking systems. The train was travelling at low speed and three of the children were able to get clear, but the four-year-old remained where she was.

午後3時50分頃、レッドクリフに近い線路の橋の上で4人の子供たちが魚釣りをしていたところ、ベルファーストに向かっていた貨物列車が通過し、うち4歳女児1人が逃げ遅れ、貨物列車に撥ねられていた事故が起きていたようです。彼女はいまでもクライストチャーチホスピタルで深刻な容態にあるようです。ニュージーランドの列車は忘れた頃にやってくることが多いので、子供たちを線路で遊ばせないよう、くれぐれも注意を。


人生で必要な遊ぶ時間が与えられてない子供たち

The Milo State of Play report, released today, shows 46 per cent of New Zealand children aged 8 to 12 are not playing every day. It warns that a generation of Kiwi kids will remember their childhood as one of computer games and other sedentary activities, rather than afternoons spent playing outside with friends. The report outlines how a lack of play can deprive children of an activity crucial to healthy brain development. It surveyed 168 children aged 8 to 12, 406 parents and 152 grandparents that see grandchildren in that age group at least once a month. Play was defined as an unstructured activity outside of school, such as backyard cricket.

マイロ(またはミロ)が実施した、406人の保護者、152人の祖父母、そして、8歳から12歳までの168人の子供たちを対象にした調査で、46%のニュージーランドの子供たちは毎日遊んでいないことが明らかにされているようです。最も多感な時期の子供たちが、コンピュータゲームや他の座って遊ぶことばかりで、屋外で友達と遊ばないことは、その脳の健康な成長において問題があることが指摘されています。子供は屋外で活発に”遊ぶ”ことが推奨されているようです。


価格操作で疑惑を突きつけられたフライトセンター

Travel agency Flight Centre faces accusations from Australia's competition watchdog that it has tried to fix prices illegally by trying to collude with major international airlines, Emirates, Singapore Airlines and Malaysian Airlines. The Australian Competition and Consumer Commission today filed a lawsuit in the Federal Court in Brisbane alleging Flight Centre tried on six occasions between 2004 and 2009 to persuade the airlines to stop offering airfare prices and bookings over the internet that were lower than Flight Centre's prices. In New Zealand the Commerce Commission said it was not investigating Flight Centre on a similar issue. There had also been no complaint laid with the commission. The regulator's lawsuit is aimed only at Flight Centre; the airlines have not been accused of price fixing.

格安航空券を扱う旅行業者のフライトセンターに対し違法な価格操作の疑惑が持たれています。オーストラリアンコンペティションアンドコンシューマーコミッションによると、フライトセンターは2004年から2009年の間に、エミレイツ、シンガポール航空、マレーシア航空の国際線の航空運賃において、インターネットから販売されるチケットの価格よりもフライトセンターの価格が安くなるように違法に操作していたことが6回ほど指摘されており、この容疑は他の航空会社やニュージーランドのフライトセンターに向けられたものではなく、オーストラリアのフライトセンターだけ、と公表しています。そういえば、最近フライトセンターやハウスオブトラベルなどの旅行業者のコマーシャルをほとんどみかけなくなったように思います。インターネットで販売されるチケットが市場を支配しつつあるのかもしれません。


ファーマーへの支払いをカットしたフォンテラ

Fonterra today cut its forecast payout for the 2011/12 season, citing the rising New Zealand dollar, declining global prices of commodities and increased production from Northern Hemisphere rivals. The world's biggest exporter of dairy products lowered its farmgate milk price by 15 cents to $6.35 a kilogram, while keeping its so-called distributable profit in a range of 40 cents to 50 cents a share, it said in a statement today. That lowered the total forecast payout to a range of $6.75 to $6.85.

これはビジネスで大きく扱われていた記事で、世界最大規模の酪農大手フォンテラが、ニュージーランドドル高、世界のコモディティプライスの値下がり、そして北半球からの生産が拡大していることから、2011/12年度のファーマーへの配当を$6.75から$6.85の水準へ下げたようです。中国の経済成長が鈍化していることから先行き不安が拡大しているので、さらなる見直しがあるかもしれません(ニュージーランドにとって輸出先として大きな市場を持つ中国の影響は無視できないようです)。


ファーストホームバイヤーが殺到するキウィセーヴァーの引き出し

More than 2500 first home buyers have cashed in on the KiwiSaver subsidy, boosting their down payments by about $8 million in total. Housing New Zealand figures show 2538 deposit subsidies have been paid out since July 2010, when Kiwis could first access it after three years of contribution. Financial author Martin Hawes said the number of applications approved so far seemed "quite high". "The property market has been really slow, so there hasn't been a lot of first home buyers," he said. Out of the 1.8 million members, about 324,000 were between the age of 25 and 34.

キウィセーヴァーに加入し初めて家を購入する人々だけが申請できる住宅支援を申請する人々が急増しているようです。現在、申請件数は2538件で、彼らのキウィセーヴァーのアカウントから引き出した資金を合わせると、総額がおよそ$8ミリオンに達しているようです。不動産の不況は深刻ですが、モーゲージの申請件数はわずかに増えているので、このキウィセーヴァーからの資金の流入も背景にあるように思います。ちなみに、キウィセーヴァーの加入者1.8ミリオンのうち32万4千人は、25歳から34歳が占めていると指摘しています(補足: 少し前のニュージーランドではこの年齢層で初めて家を買い、40~50歳代に完済して、次に、老後に向けてお金を投資する、といった人生設計がありましたが、最近の住宅価格の高騰により少しずつ難しくなっています)。


400人を解雇後もさらに削減を予定しているテレコム

Nearly 400 jobs have gone at Telecom over the past year and the company has indicated more cuts are likely. The standalone mobile, internet and IT retailer split from its infrastructure arm Chorus in November after the lines company won the bulk of the Government's ultra-fast broadband tender. But as well as losing Chorus, Telecom has shed nearly 400 jobs in the past year, the company revealed in its latest set of financial results. Head of group communications Ian Bonnar said the reduction was a combination of not replacing staff who had left and a "small number of redundancies".

分社化により昨年11月にコーラス株を売却し資金が潤いつつあるニュージーランドテレコムが、過去に400人近くを解雇しているにも関わらず、さらに人員削減をする計画があることを公表しています。最初に手をつけるべきは、CEOの巨額の報酬を下げるべきだったように思います。覚書まで。


ノイズコントロールに押収されたうるさいウクレレ

They may be associated with the relaxing sounds of the Pacific but a ukulele clearly irked at least one Auckland neighbour, being among one of the 745 items seized by noise control in 2011. Guitars were the only other musical instruments on the list which included Playstations, iPods, mobile phones and a projector. In total 269 complaints ended in seizures last year. Noise control officers called to an address where a complaint has been laid will serve a written direction to reduce the noise if council regulations have been breached. Failure to obey the notice can result in noisy items being seized, or a fine of up to $10,000. The most common item seized last year were speakers, subs and stereos. Those wanting their goods returned have to cover the costs of call outs, storage and delivery - at least $250 on most occasions.

2011年にオークランドシティカウンシルのノイズコントロール(騒音取締り)が押収したものが745もあり、ウクレレとギターが唯一の楽器で、プレーステーション、アイポッド、携帯電話、プロジェクターなども押収され、最も数多く押収されていたのは、スピーカーやサブウーハー、ステレオだったようです。ノイズコントロールは通報により現場へ出向し、まず、該当者へ騒音を出さないように通知書を発行したうえで指導し、それでも改めない場合、騒音を出しているスピーカーなどを押収するか、1万ドル以下の罰金が適用されます(なので、ギターやウクレレを弾いていた人物はノイズコントロールからの通知を無視して弾き続けていたことが理解できます。笑)。カウンシルにより対応は異なるようですが、(2次被害が起きやすいことから)わりと対応が早いようです。あまりに悪質な騒音の場合は警察へ通報を。


いつもより早く暖かい秋が予測されているニュージーランド

A period of warm and settled early autumn weather looks set to cheer much of the country, after a mediocre summer that led to an outbreak of widespread grumbling. MetService was holding out the prospect of a ridge of high pressure easing onto the country tomorrow - replacing today's active trough and cold front. MetService warned that strengthening westerlies could make some approaching fronts quite active, preceded by heavy rain and strong winds, and followed by cooler southerly winds. "We will have these very, very nice spells in between these weather systems," Corbett said. "You always can enjoy some nice weather in autumn."

今年のニュージーランドの秋はいつもより暖かく、過ごしやすい秋になるとメットサーヴィスが予測しています。今年の夏はそれほど暑くなかったかわりに曇天が多く(30度を越えた日は数日間だけ)、集中豪雨の多い夏だったように思います。


アメリカで最も古い空母艦エンタープライズが最後の航海へ

A quarter-century later, the dice were still dangling inside the tower of "the Big E" as the world's first nuclear-powered aircraft carrier set sail on its final voyage at around 5am today (NZ time). The trinket is a reminder of the ship's storied 50-year history that includes action in several wars, a prominent role in the Cuban missile crisis and serving as a spotter ship for John Glenn's historic orbit of the earth. "To serve on this ship, certainly in this capacity, you certainly have to be a student of the ship's history," said Rear Admiral Walter Carter, commander of the Enterprise strike group. "Fifty years of service, in our nation's history, we've never had a warship in service that long."

数々の地域紛争、冷戦やキューバミサイル危機などの任務についていた原子力空母エンタープライズが50年の歴史に幕を閉じ、ニュージーランド時間の今日朝5時に、最後の航海へ船出したことが報じられています。冷戦時に日本に寄港したときに、(原子力を動力としていることから)寄港に反対する団体が大騒ぎしていたことが思い出されます。


ユーチューブの映像で逮捕されたフェラーリに乗る50歳の日本人男性

A 50-year-old Japanese man has been busted over video of him speeding in his NZ$325,000 Ferrari 458 Italia. The doctor apparently posted the accompanying video of himself on YouTube while driving the Ferrari at 130 kilometres in a 50kmh zone. According to Japanese newspaper The Mainichi Daily News, the man was arrested on Friday and is reported to have told police, "I wanted to make a Ferrari promotional video". The driver could face a six month jail sentence and an £800 (NZ$1531) fine if he is convicted.

(ニュージーランドドルで)32万5千ドルもするフェラーリ458イタリアに乗り、プロモーションの動画を製作するために制限時速50km/hのところを130km/hで爆走していた、50歳の日本人男性が海外で話題になっているようです。彼はその映像をユーチューブへ投稿、後に警察に逮捕されていますが、もし有罪の場合、800ポンド(NZ$1531)の罰金と6ヶ月の禁固刑に直面していると毎日新聞の記事で報じられています。

追記: 公道を凄まじいスピードで走行した映像を投稿するのは一時流行っていたようですが(特にフランスの市街地を激走する車の映像と、高速道路を200km/hを越えるスピードで次々に追い抜いていくバイクの車載カメラは圧巻)、最近は警察が率先して摘発していることから鳴りを潜めているように思います。くれぐれも注意を。


6週間の有給休暇を却下したスイス

Who turns down a long vacation? Known for their work ethic, Swiss citizens appear to be leading the way on European austerity, rejecting a minimum six weeks paid holiday a year. Swiss polls closed late yesterday on several national referendums, including one pushed by a union to raise the minimum holiday from four weeks to the standard used in Germany, Italy, Russia and other European nations.

スイスが年間有給休暇を現行の最低4週間から、ドイツやイタリア、ロシアや他のヨーロッパ諸国で採用されている最低6週間へ休暇を増やすかどうかを決める投票が(ヨーロッパの禁欲生活により)否決されたようです。南欧のかの地とは赴きが違うようです(笑)。


カナダで過去最大規模の訴訟が向けられた大手タバコ会社

A groundbreaking trial gets underway in Montreal later today against three leading tobacco companies which face a $25 billion lawsuit for allegedly failing to adequately warn smokers of the dangers of cigarettes. Plaintiffs have filed two separate class actions in what is Canada's biggest-ever civilian lawsuit, against Imperial Tobacco, JTI-Macdonald and Rothmans Benson & Hedges in the Superior Court of Quebec. The first class includes 90,000 current and former smokers in Quebec who say they have fallen ill with a range of smoking-related ailments including emphysema and cancer of the throat and larynx, and are seeking $105,000 Canadian per person (NZ$129,000). The second suit was filed by 1.8 million current smokers who say they are unable to quit the tobacco habit, and are seeking $10,000 per person.

カナダがクイベックの上級裁判所で、インペリアルタバコ、JUIマクドナルド、ロスマンズベンソンアンドヘッジを含む大手タバコ会社へ対し、なんと$25ビリオンの損害賠償を求める裁判を起こしています。喫煙者たちへタバコによる健康被害を警告していなかった容疑で、カナダ国民一人当たりCA$105,000(NZ$129,000)の損害賠償額になるようです。次に控えている容疑は1.8ミリオンの人々が喫煙の習慣から逃れられないようにさせた罪で、一人当たり1万ドルの損害賠償額になるようです。


ACCの支援を受けるエイズに感染した男性から発症した女性

In a precedent-setting decision, a woman has won her battle to get ACC compensation for post traumatic stress disorder triggered by finding out her lover was HIV positive. The Court of Appeal found the woman's consent to sleep with the man was invalid because she did not know he had the virus that causes Aids. Therefore, she was sexually violated and qualified for ACC cover. The written decision, released today, sets a precedent for people who unwittingly sleep with HIV-positive people to be covered by ACC for mental injury.

男性からHIVに感染していたことを知らされないまま性的な行為をしていたことから女性が男性から性的な暴行を受けたものと判断され、ACCの支払いが認められたようです。これは、女性が望まないHIVの陽性の人々との行為によって精神的な苦痛にさらされたケースでもACCの補償が得られることを示した珍しいケースのようです。

追記:ACCの支払いにより医療費の心配はないものの、発症の恐怖は一生付きまとうので、その性行為を同意したことが自己責任だったとしても、相当につらいことだと思います。後悔先に立たず、人生は一度しかないので、こんな結果にならないよう、自分を大切に。


感染を知りつつ性行為を続けHIVプレデターと呼ばれた男

Police had to limit the number of HIV-negative complainants against the man dubbed the 'HIV predator', a court has heard. A coroner's inquest is underway today for Glenn Richard Albert Mills, 40, who was found dead in his prison cell in November 2009. Mills allegedly intentionally infected men and women with the HIV virus, and was due to appear in court the same day he was found dead in his cell at Auckland Central Remand, in Mt Eden. He faced 28 charges relating to 14 people, and had been in custody for over six months. About 100 people came forward to be tested for the disease after media coverage on Mills, and seven of his partners tested positive. Dubbed the 'HIV predator', Mills would insist to sexual partners he was "safe'' or "clean'' despite testing positive for HIV in May 2007.

彼は14人に関する28の容疑で6ヶ月間拘留され、その後、2009年に裁判所に出廷するその日に死亡、メディアがこれを公表したあと、およそ100人の人々がHIVの検査を希望し、うち7人が陽性だったことが公表された事件で、警察によると、この騒動で男性に対するHIV感染の陰性の苦情が増え、その数を制限しなければならないほど、この男性はたくさんの人々と意図的に性交渉をしていたことから、彼をHIVプレデターと呼んでいたことが報じられています。彼の名前は、グレン・リチャード・アルバート・ミルズ(通称グレン・ミルズ、Glenn Richard Albert Mills)、もし心当たりのある方は、HIVの検査を。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿