2012年7月9日

ミニヘッドライン 2012/07/09

月曜日の記事から。

ウェリントンのウォーキングトラックで発見された女性の死体

Detective Inspector Paul Basham said the woman was discovered in a bushy area, a short distance from a main running track in Alexandra Park, Mt Victoria, at the southern end of the town belt. "It is too early to say whether the death is suspicious. However we have a number of specialist police who are working to establish as quickly as possible what has happened,'' he said. "We ask that any member of the public who has been in this area or who has seen anything suspicious or unusual to please contact Wellington police.'' A man who was in the area this afternoon and wouldn't explain why he was there was arrested for obstruction, for refusing to provide his details, 3 News reported.

40歳代の女性の遺体がウェリントンのマウントヴィクトリアにあるアレクサンドラパークのウォーキングトラックで工事関係者により発見されています。彼女の死因が不審死なのかどうか、まだはっきりとした死因を公表するには早すぎると警察が述べています。現場近くにある男性がいたことから警察が彼へなぜ現場にいるのか説明を求めたところ男性が拒否したため、重要参考人として逮捕されていると3Newsが報じているようです。


公開されたクライストチャーチのバーに現れた強盗の映像

Christchurch police investigating the aggravated robbery of a Redwood bar have released security camera images from the incident. Three offenders forced staff and patrons at Coasters Tavern to lie down while they emptied out the safe, tills and pokie drawer on Friday night. Detective Sergeant Richard Quested said the images from the security cameras are providing police with a good line of inquiry.

クライストチャーチのコースターズタヴァーンへ強盗に入った容疑者3人組を撮影したセキュリティカメラの写真が公開されています。まだ犯人は逃走中で目撃情報などがあれば警察へ通報を。




カジノ出入り禁止の女性へテキストを送りつけていたスカイシティ

A woman legally barred from Auckland's SkyCity is appalled the company is attempting to coax her back to the casino via text messages. Selina Watson and her husband gambled close to $50 million over 10 years as VIP customers at the casino. Husband Richard Watson, who worked as an accountant for over 30 years, is serving as six-year jail sentence after stealing nearly $5.5 million from his employers. "I was really, really angry when I received it," she told ONE News. The first message read: "Don't forget $50K sweepstakes draws in 27 July." A second message said, as a VIP customer, she could collect $60 bonus gambling dollars by visiting the casino. SkyCity issued a statement apologising to Selina and others who may have received texts, saying it was a computer glitch. As VIP customers with loyalty cards, the Watson's $50 million spending was recorded over ten years.

スカイシティのカジノでVIPカスタマーとして過去10年間で$50ミリオンのお金をカジノで浪費していたカップルが法的にカジノへの出入りを禁止されているにも関わらず、スカイシティから誘いのメール(テキスト)が送られていたことが暴露されています。彼らが浪費していたお金のうち$5.5ミリオンは会計士として働いていた旦那が雇用主から盗んだもので旦那へ6年の禁固刑が命じられていたことが背景にあるようです。スカイシティが女性へ送っていた最初のテキストに書かれていたのは;7月27日に5万ドルの抽選会があるのでお忘れなく。次に送られたテキストでは;VIPカスタマーの貴方だからカジノに来るだけで$60のギャンブルダラーをもらえるかもしれない… と出入り禁止の人々へ送るテキストとしてはあまりに不適切で、スカイシティはこのメールについて謝罪しています。

追記:結局、スカイシティは顧客が誰であろうと、それが犯罪のお金であっても、まったくの不問であることが露呈したように思います(言い換えると誰でもマネーロンダリングができてしまう可能性がそこにあるように思います)。


ギャンブラーリサーチの手法の公開を拒否したスカイシティ

Chief executive of the Problem Gambling Foundation Graeme Ramsey said he is concerned the research could be used to keep problem gamblers just below the high risk level. "The danger here is that SkyCity could use that material for its own purposes to keep people gambling for longer periods of time at slightly less problematic levels," said Ramsey. SkyCity refused to show ONE News its research on how people gamble at the casino and there is no legal requirement for it to do so despite the information it could provide. "There is a greater onus for intervention if you have got more accurate research," said Ramsey. The programme analyses data collected from loyalty cards used by players.

プロブレムギャンブリングファンデーションのチーフエグゼクティヴによると、スカイシティはギャンブラーたちが使用しているロイヤリティカードの情報からハイリスクのギャンブラーの水準にちょうど達しない人々を長きに渡ってギャンブルさせるように管理している懸念があると述べています。ONENEWSがスカイシティへ関連の情報の開示を求めたところ、法的に開示する必要がないことからスカイシティはそれを拒否したと述べています。これは、普通の企業であればプロモーションとして顧客へセールのメールを送るのと同じことのようにみえますが、スカイシティの場合、ロイヤリティカードの情報を悪用している可能性(例:そこそこ浪費している顧客を特定し彼らへ販促活動を行っていること)が指摘されているようです。カードを使ってカジノへ参加している方は心当たりがあるかもしれません。ギャンブルに深入りしないようくれぐれも注意を。


深刻な容態が報告されている列車に撥ねられた男性

A 27-year-old man remains in a critical condition after he was struck by a passenger train while crossing the tracks in Auckland this morning. The man was rushed to Auckland Hospital after he was hit by the train on the Porters Ave level crossing in Mt Eden at 8.50am. Initially he was conscious but his condition worsened and he was understood to be in an induced coma. The man was believed to have been listening to an iPod and ignoring the barrier arms when he crossed the tracks, said Senior Sergeant Junior Abraham. Two trains were going past at the time, a westbound freight train and a citybound passenger service.

オークランドのマウントイーデンのポーターズアヴェニューにある踏み切りを渡っていた27歳の男性が列車に撥ねられオークランドホスピタルへ緊急搬送、いまだに意識不明の重体のようです。記事によるとこの男性、イヤホンを耳につけ目一杯の音量で音楽を聴きながら踏み切りを渡っていたため、やって来た列車に気づかず轢かれたのではないかとみられています。少し前には、アイパッドで音楽を聴きながら交差点を渡っていたアジア人留学生が車に轢かれる事故も起きているので、屋外でイヤホンやヘッドフォンを使用するさいには(周りの音が聞こえているかどうか)注意が必要かもしれません。


スイスの山で激突死したタウポのスカイダイヴァーインストラクター

A New Zealand base jumper has died in a jump in Switzerland while taking a holiday from his Taupo skydive instructor's job. Professional thrillseeker Alan Malcolm McCandlish, 31, died in the mountain region of Berner Oberland, about 200 km southwest of Zurich, at 10.40am on Saturday (local time). A statement from Bern police said he hit a ledge, plunged over the cliff and then fell onto another ledge. Other base jumpers had been with him and witnesses alerted authorities. He was found dead at the scene, police said.

タウポでスカイダイヴィングのインストラクターをしている男性が、休日で訪れていたスイスから南西に200kmのところにあるベルナーオーバーラントで崖から転落、そのまま事故現場で死亡したことが現地の警察より確認されていたようです(彼の名前はアラン・マルコム・マッカンドリシュで、タウポでも名の知れたスカイダイヴァーだったため、もしかすると知っている方もいらっしゃるかもしれません)。


レッドゾーンの人々へ提供される低価格の住宅地

Cheap land has been made available for Christchurch red-zone refugees. Eighteen low-cost sections are being offered to Christchurch homeowners having to move out of the residential red zone. The Canterbury Co-operative Land Trust was offering 18 sections on Rolleston's Dunns Crossing Road to red zoners for $113,000 to $139,000 - up to 40% cheaper than other sections in the area, trustee Grant MacKinnon said. MacKinnon said the savings were genuine and all the trust needed was 18 households to "take up the opportunity".

クライストチャーチのレッドゾーンに住んでいた人々へ低価格の分譲地が提供されるようです。場所はロールストンのダンスクロッシングロードで数は18セクション、価格は11万3千ドルから13万9千ドルで、通常よりも40%程度安い価格設定になっているようです。詳細は記事元を。


統計が示す震災からの復興の兆し

Quake-hit Canterbury could be seeing the first signs of recovery, with the embattled region recording the fastest growth in spending across the country, new figures show. The Paymark data released today show that Canterbury reported an annual growth rate of 6.8 per cent, soaring above the nationwide growth rate for June of 5.1 per cent. While the figures are "heartening", it still has a long way to go to reach its pre-earthquake position, Paymark head of sales and marketing, Paul Whiston said. If you compare that with the growth since 2008 in the Canterbury region, it sits at just 4.4 per cent," said Whiston. By contrast, Auckland/Northland's four-year growth was higher than the national average at 14.8 per cent and Wellington saw a 9.3 per cent increase.

最新の統計データによるとカンタベリーの消費が年間で6.8%と急成長しており、6月の全国平均の5.1%を上回っていることが明らかになっているようです。またこれは、震災前の2008年に記録された4.4%よりも高い成長率を示しています。ちなみに、オークランド/ノースランド地域の過去4年間の平均成長率は14.8%、ウェリントンは9.3%だったようです(なので、いかにオークランドが急成長しているかが伺えます)。

別記事だと:

Canterbury reported the fastest electronic spending growth in New Zealand during June, according to Paymark figures out today. A total of $404.1million was spent across the Paymark network in Canterbury last month, compared to $378.5 million last June. 

電子取引・決済の数字をみると、カンタベリー地区での6月の消費額は$404.1ミリオンで、昨年6月の$378.5ミリオンよりも増えています。(まだ完全復興に程遠い現状から考えると相当に消費が伸びているので)早期復興が望まれるところだと思います。


大きな地震とは関連がないと予測されている直近の2つの地震

The North Island has been rocked by two large earthquakes in less than a week, but seismologists say the chance of "the big one" has not increased. Tuesday's magnitude 7 quake and the 5.7 jolt on Saturday were not linked, even though they were on the same plate, GNS seismologist Lara Bland said. "The only coincidence is that they're large, deep earthquakes - but in terms of whether one had been caused by the other, we don't see them connected in that way." The latest rattles did not increase the chance of a devastating quake crippling the North Island. "We definitely don't look at them as making it more likely - the risk is still the same.

先週火曜日に起きたマグニチュード7.0と土曜日に起きた5.7の地震において、(同じプレートで発生した地震だが)いずれも別々に起きた地震で関連がなく、大きな地震が起きる可能性が増えたわけではないと地震学者が述べています。ただ、これから地震が起きることを否定したものではないので、今後も地震発生のリスクは同じであることが述べられています。


100ミリオンを超える被害が報告されるオーストラリアからの投資詐欺

Investment fraudsters have swindled more than $113 million from 2600 Australians in the past five years, a new report shows. The Australian Crime Commission (ACC) report says scammers are increasingly targeting educated retirees by using personal details taken from competition and promotional forms, and 'cold-calling' victims to convince them to buy non-existent or worthless shares and securities. Home Affairs and Justice Minister Jason Clare said while the five-year, $113 million figure was alarming, the real toll was likely to be much higher as many victims were often too embarrassed to go to authorities.

オーストラリアからの投資詐欺の被害に遭っているニュージーランドの人々が少なくなく、過去5年間で被害件数が2600、被害合計金額は$113ミリオン以上に達していることが明らかになっているようです。ジャスティスミニスターによると、この数字は実態を反映したものではなく、(当局へ被害届を出せていない)さらに多くの被害者がいると予測しています。なので、ニュースで報じられているものは、ほんの氷山の一角であることが伺えます。(なにかと被害額が大きくなる傾向にある)投資詐欺にはくれぐれも注意を。


水の所有権で挑戦するジョン・キー首相

The Tribunal is hearing two claims that - if successful - may see it recommending the Government call a halt to its plan to sell shares in Mighty River Power later this year until underlying issues of Maori customary right and interests in water and geothermal resources are addressed. Mr Key this morning repeated his view that the claims lack merit because no one owns freshwater in New Zealand. However Taipari Munro, of the Whatariri Trustees in a submission setting out grievances about the use of water from Poroti Springs 20km southwest of Whangarei, disagreed. While he said local authorities and the Environment Court clearly shared the Prime Minister's view, when it came to the springs, "I don't accept what the Prime Minister says".

政府資産売却の続報で、水の供給により発電する水力発電において、その河川の水の所有権についてマオリが異議を唱えています(ちなみに、ニュージーランドでは個人が河川を所有しているところが多く、そのような場所では立ち入りの許可を申請しなければならず、むやみやたらにアクセスすることが禁じられています)。ここで議論されているのは、水力発電は河川から供給された水によるものであることから、この水の所有権・使用権について異議が出されており、ジョン・キー首相はニュージーランドでは誰も水を所有していないと主張しており、マイティリヴァーパワーの株式売却において一切問題がないと述べています。この話の一部だけを聞くと滅茶苦茶な主張のように見えますが、野党のグリーン党は一考すべき事案として政府へ提案しています。興味のある方、詳細は記事元を。


もう移民はいらないと言うキウィの労働者層

Results from the New Zealand respondents, provided to the Herald, found that of 200 workers surveyed, only 27 per cent would like to see their organisation's workforce become more ethnically diverse. Thirty-three per cent said they would not like it, and 40 per cent were not sure. Among North Island respondents, 27 per cent were in favour of greater diversity and 37 per cent against. The New Zealand respondents believed only about 20 per cent cent of employees in their organisations were from non-English speaking backgrounds.

200人の就労者に対しヘラルドが実施した新しい調査によると、33%の回答者が移民者を好まないと回答、40%は判らないと回答していたことが明らかになっています。またノースランドの回答者だけだと、(移民者の就労者を)27%が人種の多様性として支持、37%が反対と回答しているようです。また雇用側では、およそ20%だけが英語圏以外だったようです。現在の移民法と就労環境がいまのままだと、いずれこの数字が逆転する可能性があるような、そんな気がします(ちょっと前に公表された政府予測によるとオークランドのアジア人の増加が今後も伸びると予測されています)。


ソニー・ビル・ウィリアムズに理解を示したダン・カーター

When Dan Carter stripped off his All Blacks jersey in Christchurch last month, he had no idea he was also severing his association with team-mate Sonny Bill Williams. Despite maintaining he hadn't been kept in the loop by Williams, Carter said he held no grudges. ''I respect the decision he's made," Carter said. "Everyone makes decisions and they are never easy. ''I know I've been in that situation before. Different things drive different people - I just have to wish him well and I'm sure he'll be successful in whatever he does.''

オールブラックスのダン・カーターがソニー・ビル・ウィリアムズの移籍について、彼は、自身にも過去に同じような話があったと話し、ソニーの判断を尊重しており、また、彼は何をやっても成功するだろう、と彼の移籍を支持していることが紹介されています。テレビを観ていると他の選手もソニーの判断を支持する意見で、もしかすると、ソニー・ビル・ウィリアムズに触発されてオールブラックスを脱する選手が他にでてくるかもしれません。


パナソニックへ移籍するソニー・ビル・ウィリアムズ

The worst kept secret in New Zealand sport was confirmed today, with Sonny Bill Williams announcing at a media conference he is set for a stint in Japan. Williams was joined by Chiefs coaches Dave Rennie and Wayne Smith and All Blacks assistant Ian Foster in Hamilton, where he finally put an end to the saga surrounding his signature. Off contract with the New Zealand Rugby Union at the end of the season, Williams has agreed a deal with Japanese rugby side Panasonic Wild Knights understood to be worth $1.5 million for 12 matches. Williams told the conference he would be back in the NRL next year but refused to confirm at which club because he was yet to sign a contract. The former Canterbury Bulldogs second rower has long been rumoured to be returning to league with crosstown rivals Sydney City Roosters, with a view to switching back to rugby in 2014.

ずっと噂の渦中にあったソニー・ビル・ウィリアムズの移籍先が決まったようです。来年の彼の移籍先は日本のパナソニックのラグビーチームで、最初のオファーは蹴られていたものの、ソニーが”拒否できなかった”と言わしめた2回目のオファーが功を奏したようです。これによりソニー・ビル・ウィリアムズはオールブラックスから離れることになり、国内では賛否両論の意見が飛び交っています。批判の多くは、”彼はオールブラックスよりもお金を選んだ”、”もうオールブラックスにはいらない選手だ”、と酷評されていますが、彼の判断を理解する意見もいくつかあるようです(この状況はアメリカズカップに出場しているラッセル・クーツ氏に少し似ているように思います。ただ、彼の場合は対戦相手へ移籍しカップを取り上げてしまったのでさらに後味の悪いものになりました)。いずれにせよ、来年の彼のパフォーマンス如何では、(ニュージーランドのスーパースターを買い取った)パナソニックの責任は重大になるかもしれません。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿